トランプ大統領が「在韓米軍撤退」を言い出しました!

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\Soujya です。/

在韓米軍が撤退という議論
になっていく・・・
最近、まさにトランプの発言が
報道されてました。

「トランプ大統領、
在韓米軍撤退検討も 非公式会合で」

「トランプ、貿易赤字を理由に
在韓米軍撤退を示唆? 
国防総省が慌てて火消し」

このトランプの在韓米軍撤退、
という文言については

もう、北朝鮮が威嚇しまくって
たときには、考えられませんが
今は、ムン・ジェインと
金正恩の状況が変わりつつある。

私も含めて、
世の中の99.9%の人たちは
この流れが見えていないんだけど、
将来の世界の姿が見えてる

天竜人(てんりゅうびと)
にとっては、、、
利益出すのが、予定調和的に
簡単だったりするのですよね。。。

ハッキリと、云えば、、
『日米安保マフィア官僚にとって
脅威のトランプ氏』に
映っていることでしょうね。

日本を牛耳るのが日米安保マフィア
の官僚どもは
トランプにびびってる感じです。

彼らは、以前に
小沢鳩山政権をつぶした
やつらですが、、、、

トランプは日本や韓国に駐留

する米軍について
「アメリカはもう
カネがありません。
なので、日韓政府が駐留米軍の
居住費や食費などの費用負担を
大幅に増やさないと
もう駐留できません、
出て行きます」
と言い出しており、
「日韓が負担増を認めないなら
日韓がアメリカの核の傘から
出て行って、
自前で核武装しなよ」と
云われ、、、
そして、
「日米安保条約はアメリカが
日本を守ってるのに
日本はアメリカを守る義務は
ないってのは不公平だよ!」
とまで、言い出しておりました。

その通りだよなって感じです。

が、この発言に一番びびってる
のが、
小沢鳩山政権つぶしをやった
日米安保マフィアの
外務官僚たち。

この既得権益の官僚たちというのは
なんで力があるか?

やはりアメリカがバックにいるから
虚勢や虚構が可能になる。
ちょうど
ドラえもんの漫画に登場する
「スネオ」のようだ。

キャストはこうだ、
・権威者:ジャイアン⇒アメリカ
・腰巾着:スネオ⇒マフィア日本官僚
・民衆:のび太⇒日本国民

ジャイアン役のアメポン
という存在がいるから、

スネオ役の
日本のマフィア官僚たちは
嘘がつけるし、やりたい放題
できる。

しかし、ジャイアンがスネオと
距離を置けば
スネオは無力化して
のび太に、
「復讐されそう」
とスネオは考えますよね。

だから、日本のマスコミに
トランプ批判ばかり
書かせていたり、放送させていたり
という構図があった。

韓国も同様な構図になっていて
対米従属で力を持つやつらが

いるわけで、、、、

日韓両方の既得権益者で問題

になっている。。。

ということで、、

韓国の春川市には以前は
米軍基地が

あったが、現在では、撤退して
しまって、今は
もぬけの殻になっているという。

なので、
日本の日米安保マフィアが恐れ

るのが、今まで米軍基地があった
場所が「もぬけの殻」になる
ことが恐いのです。

それで
日韓両国の既得権益層としては、、、

米軍がずっと駐留してくれること
を望んでいるわけですね。

まあ、なので、
こればっかりが理由では
無いと思いますが、
対米自立をするための核武装は
反対なんですね。

俯瞰すると
なにかに反対する層は
何らかの利権を持っていたり
するんですよね。

地球的な時空が変化しよとしてる
時代になってるのに
旧態依然の暮らしぶりを
良しとして、しがみついてる。

甘い汁だけ
吸えれば、それで良し!
誰がどうなろと
構わない。。。

知ってましたか?
「沖縄基地の地権者利権」
・・・沖縄基地の地代単価は
ちなみに、2000円/1㎡/年。
http://norisu415.blog.fc2.com/blog-entry-2283.htmlより
<引用開始>__________
・・・農地借地料としてはべらぼうに
高い。通常、農地借地料は良いとこ
5万/1反(10a)/年で、
全国農業会議所が調査した全国平均
(H18)は1万5千円/年だ。
2000円/1㎡/年を反に換算すれば、
何と200万円/反/年である。

農地借地料平均の実に133倍もの
高水準、地権者利権の闇と
呼ばずして何と呼ぶ。
「2000円/1㎡だから安い」などと
言うのは、事実を矮小化する
印象操作だ。
会員権のセールスが、
「1日あたり、
たったのコーヒー1杯ですよ!」と
誘うのと同じだ。
<引用終り>__________
沖縄基地問題には、このような
「闇」が存在し、このような
ブラックホールがあるから、
それに引きずられて、ダークな
利権が様々に絡んでいるのだろう。
①地主利権
②思いやり予算にからむ利権
⇒つまり、米軍が駐留することで
米兵向けマンションが1戸あたり
40万円程度で賃貸されるが、
そのうち30万円ほどは日本人の
税金から充てる、表向きは米軍への
思いやり予算であるが、
実際は沖縄現地の地主への思いやり
にすり替わっている。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/33875?page=3
③アメリカの既得権益

そして
アメリカの既得権益と
日米合同委員会

・米軍の既得権益⇄自民党一体体制

それにしても、庶民にとって
恐ろしいというか、
知らなさ過ぎというか、

「誰も知らなかったところで
権力の私物化が、いろいろな場面で
私物化が行われて来ていた」
ということです。

それと、
日本人の血と汗と涙で納めた税金や
預貯金などが
特定少数個人の優遇のために
使われているという事実。

これらは、
不公平・不平等であり
アンフェアと云うしかない!

それも、これも
日本の政府の要人が
ハザール・マフィア・エージェント
であって、操り人形猿芝居を
演じきるための政治俳優たちだった
ということ。

これまで、真の政治家は
数えるしか無く

至近での政治家は
田中角栄氏だけであると思う。

話をもどすが、

隠された日本支配の構造として
日米合同委員会を抜きにしては
語れない。。。

日米合同委員会の決定内容は
日本の法律の上位にあるので
凄い、
手がつけられない。
だから、表立てにできなかった。。

知ってましたか?

http://kenpo9.com/archives/2171
より
米軍は日本の基地を自由に使うだけ
じゃなくて、実は
自衛隊の指揮権も
密約で持っているわけですね。・・

さて、北朝鮮が絡んだ韓国と
アメリカの関係ですが、

韓国の場合は北朝鮮が
核兵器を廃棄して 
その見返りとして、
アメリカと北朝鮮が
和解して・・・
朝鮮戦争を60年ぶりに
終わりにさせて・・・

そして、在韓米軍を撤退させる。
という6カ国協議の
大きな長期シナリオがあって、、
そこには、
アメリカは、すでに
自国の建て直しに
フォーカスするスタンスで、
これまでの地政学的パワーの役目を
退いて、その役目を
中国に譲ろうとしているかのように
見えています。
このシナリオ通りに実行されれば

韓国と北朝鮮は中国の影響下に
入るのであり、当然に
韓国も中国の影響下にある
という空気が流れ始まって
いると思われます。

つまり、朝鮮半島全体が、中国の
影響下に入る。

そうすると、北朝鮮と南朝鮮の韓国
を分けてる38度線の意味が
無くなってくる。

ということは、朝鮮半島の統一化。

そうなれば、北朝鮮側の核を持つ
意味が無くなってくるし、
しかも、中国は核武装を
許さないでしょうね。

そして、日本はというと、今の所、
これまで、どおりにアメリカに
従属させて頂くという
以外に国家戦略は
ないわけで、、、

もし、日本が孤立化したら、

中国の本格的な日本侵略が行われる
可能性は無いわけではないのです。

そこで、日本は核を保有すべしと
唱える人たちが増えるのではないか。

つまり、
核武装するなら、アメリカは撤退するが、
アメリカ従属を続けようとするならば
核武装はできない。
二者択一となる訳です。。。

いずれにしても官僚たちは
アメリカ従属を続けようと
望んでいるのです。

それは、日米安保マフィア官僚などが望む
北朝鮮脅威が存在することによって、セットで
アメリカの安全保障による既得権益構図の
防衛にほかなりません。

なので、安倍政権はどうしても、
対北朝鮮について
強く、敵対するように、仕向けており

もちろん金正恩もそれを承知で
間の手をを入れるように
「へなちょこミサイルを日本上空」をかすめて
通過させて、太平洋へ着水させて
いたのです。

その際も、わざと、携帯には
非常事態で「ブイブイ」と
緊急事態情報として、3.11以来の
「おどし」音と恐怖メッセージを
ど庶民へ送りつけていましたね。

まるで、ハザール・マフィア米ドル防衛の
断末魔のようでなりません。

すべて、時空はシンクロしているのですね。

買いかぶる訳ではありませんが
トランプの考えとやろうとしている事は
地政学的なリセットと新時代への変革を
目指し世界的パワーバランスを構築しようと
駒を進めているのかもしれません。

もし、そうであれば、日本国は、戦後70年にして
いまや、「軍国化」「現人神」とかにしたい
政権の考え方は、わからない訳ではない。

それは、戦争に負けて、何が無くなったか?
に焦点を当ててみれば見えてくる。



つまり、
「天皇の原理」が崩壊したことで
戦前の日本と戦後の日本が
まったく、別な日本になっている
ように見えるが、
「敗戦」したとは思ってない。。。


つまり、戦前戦後を通じて、継続があり、
日本始まって以来の「天皇教」という
一神教の再興を現実化したがっている
ようである。

その証拠に
GHQからの解体圧力を受けて改変設立させたものとして
■天皇制度・・・象徴化
■神社本庁・・・一宗教団体化

明治時代から昭和20年にかけて、
つまり大日本帝国時代において、
神社とは一宗教団体などではなく、
日本政府の影響下にある、
一種の国家機関であった。

これを再興したいと思って活動しているようだ。



いかにも、神道を軸にした日本人としての
結束のように美しく感じさせてはいるが
そもそも、本来の「神道」を知ってる
日本人がどれだけいるか?

モノやモノゴトには成り立たせる構造
というものがあります。
それを設計する意図があって
できているのです。

この原則を理解せずして、

外観だけを見て
有難がったり、褒めたり、崇めたり
感動したりしているのは

「ド庶民」
だけです。

ド庶民は、人口の80%を占めており
20%の人間が
だます側にいるのです。

日本帝国が一つになって、他国にも勝る
近代化を興し、花開いたのも
この「天皇の原理」を
構築した結果なのです。。。

だからといって、
この考え方が、今の日本にとって、良いのか?
この方向性に「回帰」するのが良いのか?

日本人として生まれた自己について
日本人一人ひとりが
深く内省する必要があるのです。

・もっと生きたかった多くの被爆者(長崎・広島)
・若く美空に散った特攻隊
・戦場で散った若い兵士
・焼夷弾の降る中で、焼け焦げて無くなった家族



彼らのお陰によって、今のわたしたちが生きています!!!

どうしちゃったの?
今、街かどのどこかのカフェで見かける会話・・・
「✖△◯が売れたわよー」とか
「私も、携帯、新しくしようかなぁー」とか
「✖△□の株がさ、上っちゃったー」とか

今のおまえら、「全員」死ね!
といいたい。

しかも、人生を弁えてるはずの
年齢50代くらいの
くそミセスどもが!

「おめーらが、ここで、のほほんと
くだらねー、会話をするために
多くの人間が、生き残った人間のために
最後の命を落としたのかよーーーーーー」
といいたい。

その代表格が、あの
「稲田朋美防衛相(衆院福井1区)が、
夫名義で防衛装備品を受注する
軍需企業5社の株を保有していた」
という、甚だ、上記のババアどもと同じで

「稲田、防衛相のくせに、
5社で計2万2000株初入閣後に取得して、、、
てめーの懐を肥やすために
神社とか多くの人達が死んでいったのかよーーー」
といいたい。
(今となっては、辞めてもらって当然だが
カネ稼ぎのために、防衛相になってたんだな!)

さて、これら話を踏まえて、

小室直樹先生の名著
「日本人のための 宗教言論」
の中に、このような一節が書いてあります。。。

『・・・明治政府は、富国強兵を目指す国家政策上、
宗教を作らなければならなかった。
いわゆる天皇を神とした、新しい宗教を作り上げ
なければならないので、既存の都合の悪いものは
全部つぶして新設の天皇教に改めさせた、
とこういう構図なのである。
筆者が、天皇信仰がキリスト教に似ていると論じたのは
まさにその点である。
 当時の先進国、伊藤博文(1841~1909)らが
派遣された先進ヨーロッパ諸国は、まだ民主国家というには
未発達で、立憲主義国家、すなわち憲法による
政治統治体制をとっていた。
しかしなぜヨーロッパで憲法による政治が可能だったのかと
いうと、それはキリスト教という確たる宗教が背景にあった
から可能だったのだと、伊藤博文らは気がついた。
 立憲国家体制を作るには、キリスト教のような強力な
一神教信仰化体制を導入するのが必要である。しかし、
仏教も儒教も、決して一神教ではなく、強い求心力
たりえない、全く無力の存在であった。ヨーロッパのように
キリスト教もない。そこで考え出されたのが、天皇教という
強力な一神教なのである。
 日本人は腹のうちでは神道しか信じないような内面を
持っており、崇拝対象が天皇だとなれば、もとから信じたい
気持ちがあるので、まとめられる。しかし、このために
考えられる国家神道というのは、本来の神道とは似ても
似つかないものだったこともあり、本来の神道を司る神社
などには神事の変更、改廃などを強いることになった。
そして、神道を再編成して、天皇教を確立し、それを
以って資本主義とデモクラシーを推進させようとした。
 非常に大きなテーマなので、このあたりのことは拙書
『「天皇」の原理』をご一読いただきたい。』

という事なのです。
今の時代は、富国強兵が必要なのでしょうか?
彼らは、「大アジア共栄圏」に憧れています。
過去の熱に浮かれています。
もう、とっくに時空は変わっているというのに、、、

かといって、日本が丸腰では、次元の低い国家に
侵略されてしまいます。。
というか、互いに「兵器」を振りかざして
攻めと守りを行う時代なんでしょうか?

ボタンを押すだけで、
「電子砲からビームが放射されて
街ごと吹っ飛ぶ」兵器が、すでにあります。

戦争茶番に乗せられては
たまったもんでは、ありません。

日本とアメリカの軍産複合体による
東アジアへの侵食にはパワーバランス限界があり、
中国・ロシアが連携し守る必要がある。
それは、アンバランスなパワーを生み出す
「大アジア共栄圏」なる思想が有るようです。
それは、日本の天皇財閥のエゴによる
東南アジア統治であり、現在の時空間では
もう過ぎ去った過去の時空を追いかけて、
再度現人神を頂点とした軍国化を狙っており
白人至上主義に唯一それが対抗できている
わけではないと考えます。

ところで、裏では
日本と北朝鮮とアメリカは一つの軍産複合体
となっており、中国は既にその事を見抜いており
戦争経済で戦争を再度起こして「儲ける」カード
として北朝鮮の脅威を使っているようだが
中国とロシアは、その手には乗らないのです。

そこが、分かってないように演技してる
全く、
時代遅れで、現状の時空間がどの方向に
進んでいるのか
全く、分かってないように
「安倍政権・カザールマフィアユダアメリカ・軍産複合体」
の面々が日本国民を「騙す」
そして、報道も嘘を流して
庶民が乗せられて・・・ついに、戦争へ、、、

みたいになっている
戦争経済の構図を見抜く必要が
あるのではないでしょうか。

今の中国は「毛沢東」時代ではありません。

国家内部の混乱は有るようですが
「アメリカ日本合同戦争屋」への
用意周到な戦略で躱(かわ)しているように
見受けられます。

だから、二階幹事長が訪中して会談を
求めてくることを事前に分かっていたから
「仮病」を弄し、病み上がりなので
申し訳ないが・・・20分程度で
切り上げさせてもらいます。
と云ってるように見えていました。

長々と書きましたが

トランプ大統領が「在韓米軍撤退」を
言い出したことで
日本の政治も変化しだしたということです。

具体的には
■現政権の終息
■朝鮮半島の統一化と中国の席巻
■アメリカ軍の基地撤退化が進む
■悪魔教による世界支配が終焉を迎える
■日本政権の混乱と国民の覚醒

では、また。


スポンサーリンク
■D-code Chronicle
https://www.terakoyafrontier.com/5-1

以下、学びの講義販売一覧
・​時空恋愛
​・宇宙海賊団辞書
・RSEL式8つの働き方
・幼児願望メンタルクリア
・DaVinciコードepisode0
・人体端末理論
・自因自果
・RSEL式カバラ
・宇宙経済時空論
・DaVinciコードシリーズ

■アダムスキー・リターン―1965年
イギリスで起きたコンタクト事件
単行本 – 1992/2
アイリーン バックル (著),‎
平山 千加子 (翻訳)
★原題:SCORITON MYSTERY by Eileen Buckle (1967)。
1965年、アダムスキーは宇宙人とコンタクトし、
以後、金星と土星に旅行している。
彼は生前、その死に際して、
青年に生まれ変わると言っていたが果たして…。

宇宙哲学実践の参考となる書。
アダムスキーの死の翌日、
英国で「ヤムスキー」を名乗る宇宙人に
会ったという人物の奇妙な報告。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。