今後、日本の新しい政治を作るために共同戦線を張ります。天木直人、大西つねきと共に戦ってくださる皆さん、是非集まって来てください。

こんにちは、\Soujya です。/

どれもこれも、現在の日本の政党とは、、、
「利権、利権、利権、、、、、、」
限りなく、てめえええええええ、たちの
ための、政治屋商売の
人間ばかりで、

これっぽっちも、国民のことなんか
考えてはおりません。

すべて、陰謀論で云ってるような
組織票ばかりで、成り立っています。

背景には
■カルト宗教団
■昔から、日本や世界にはびこる利権集団
■利権を守る飼い犬・飼い猫、御用学者
等など、、、日本の「くに」を
ことごとく、汚してきた人種たちがいます。。。

SNSやネットの発達のおかげもあって

たとえば
陰謀論というネーミングで、冠をかぶせて
「都市伝説化」して
ごまかそうとしていた、、、実態が
あちらこちらと

「ボロ」が散見されてきております。

闇組織は、「一枚岩」ではありません。

あの闇人間達は、、、
■利権争いによる争奪戦で何でもする・・・国家間の戦争に見せかけた実は闇組織どうしの代理戦争かもしれない。
■この日本の場所で地縛霊のように悪臭を放って、居着いているものたちがいる
■昔から、派閥がいくつかあって、時には争い、時には協力してきた
■多くの99%の庶民を騙し続けているのが残り1%の闇組織
■マスメディアには絶対に正体は明かせない(ロすけ、とかロックとか騒いでるのは、表向きの役割)

などなど、日本と世界の年代記を
押さえて、事件・事故・戦争が
なぜ、起きたのか?
いろいろ調べて、見てください。。。

裏闇の構造体らしきものが見えてきますから
何枚かの岩になっていますよ。。。

以上を踏まえれば、政治経済というものが
いかに、
正直に
清潔に
公正に
行わなければ、多くの99%の民衆が
豊かに、爽やかに、そして

平和に

暮らすことは、今後、できなくなって来ている、地点に
現状は来てるんだ!
ということは、もう

肌でかんじてますよね・・・

「アベノミクス」は、快く感ましたか?

「消費税10%」になっても
しょうがない、日本のためだ
と思ってますか?

TPPの本格締結で、
このまま進むと、日本経済にとって、
とてつもない「経済津波」が仕掛けられている

ということが、分かってますか?

とか、まるで、日本殲滅作戦のように
進んでいるのです。

ジワリジワリです。

私は、このことで、まともな政治経済を
建て直してくれそうな、
というか

新たに立てる!

「フェア党」に注目しています。

天木×大西=自由・自立・共生の未来

ほんと、本質を問う、政党が今、国民から望まれています。

2020年までには
利権の少しでも、絡んだ
「マフィアっぽい」政治屋は、廃業して
頂きたいものです。。。

なにせ、利権政治屋の
「面(つら)」と眼(まなこ)を
見ただけで
醜い存在かどうか、わかりますよね。

「権力闘争」に明け暮れる、政党・政治屋は
国民から見放されている実態が
浮かび上がってきています。。。。

関連して、、、
日本は危機的な状態です!
日本は、■▲人に乗っ取られている??
マスコミはすべて■▲系!!!
・・・
何ということだ……。
単一民族である日本国と
思っていては、まだ甘い。
「純日本人」としての「まとまり」を
意識しなければ、
ほとんどのポストは
在日■▲人に乗っ取られている。
https://matome.naver.jp/odai/2145524179349688501
“脱亜入欧”の時代もあったが、
時代は
“脱欧入亜”に限りなく近づいている
といってる人もいるが、
現在は、、、
“脱亜脱欧”ではないのか?

では、また。


在日特権と犯罪 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/8
坂東忠信 (著)

在特会がこれほど必死になって在日特権の廃止を訴える一方で
なぜ在日側はたいしたものではないと言いながらも、
この特権を意地になって手放そうとしないのか
この本を読めばその理由が全て分かります。

特別永住許可をはじめとした
在日特権がどのような形で在日犯罪に関わり、
日本国内で最も高い
在日コリアンの犯罪率の原因になり、
これを廃止しないでいることで日本人がどれだけ危険に
晒されているのかを詳しく解説しており、
本当に恐ろしくなってきます。

日本人大学生にリンチを加えて
半殺しにしたしばき隊の
在日コリアン3人は起訴もされず
未だにデカい顔で日本に住み続けていますが、
在日特権の無い他の外国人が加害者であれば
こんな事件を起こせば確実に
国外退去処分になっていたはずです。

日本人が安全に暮らせる世の中を実現するために、
一人でも多くの人に在日特権の恐ろしさを
理解してもらい、
これを廃止するよう世論を盛り上げて
行く必要があると思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。