カタカムナ文献を読み解く女性・・・「ありがとう」のことだまの意味が驚愕

こんにちは、\Soujya です。/

最近、harry山科さんの動画で
、、、カタカムナの研究者、
吉野信子先生をお招きしてかなり
深い話をしていただきました。。。
というのがありましたので
紹介します。

私も30年前くらいに
「カタカムナ文明」という本に
出会って、読んでいましたが
読めば読むほど
難解な内容で、何を書いているのか
追求するのに
面倒になって、頓挫してしまい
そのままになっていました。

確か今から12000年
以前に四大陸
・ユーラシア
・アトランティス
・ムー
・レムリア
があったそうです。

そして、ムーの一部地域に
現在の日本大陸が有り、
上古代
(今から数万年~10万年以前)の
時代にはアシア族と
いう民族がいたそうです。

アシア族について
古から伝わるものがあった。

それは
アシア族は、
八鏡文字(はっきょうもじ)を
編み出し、
特殊な鉄の鋳造技術等の高度文明を
持つ人々がいて、
中華文明の基礎になったという・・・
その文明の名をカタカムナ文明
というそうである。

ちなみに、八鏡文字は、
化美津文字(かみつもじ)又は
上津文字ともいうそうである。

さて、その古伝を聞かされたのは
日本の物理学者・電気技術者である
楢崎皐月(ならざき・こうげつ)
であった。
1949年(昭和24年)に楢崎氏が
兵庫県六甲山系の金鳥山で
地質調査中に
古い神社の宮司の子孫であるという
、平十字(ひらとうじ)という老人
から、神社の御神体として
伝えられているものだとして
記号のようなもので書かれた
巻物を見せられた。
その古文書がカタカムナ文書
(カタカムナ文献とも云う)
であった。

楢崎は、これをノートに写し
取らせてもらい、平十字老人の
話からカタカムナ最後の統領の
名前は「アシアトウアン」という
らしいこと、
そして彼の居城が六甲山の金鳥山の
辺りにあり、天孫族の来襲にあって
戦い敗れて九州の地に流され
死亡したという話が
伝えられたという。

そのカタカムナ文献には
宇宙の構造や生命体の本質など、
最先端の科学、哲学が
記されていたのです。

戦後の昭和時代を経て平成に
至る現代まで、カタカムナについて
研究が続けられましたが
楢崎氏は、晩年「カタカムナ」の
研究に没頭し、彼の死後
弟子の宇野多美恵氏が相似象学会を
興して、研究を継承活動していた。

しかし、2006/10/23
北軽井沢の別荘火災で、息子さん
共々、亡くなられて以来
相似象学会は閉鎖され、最近まで
カタカムナ文献の読み解き
研究は途絶えてしまって
いたわけです。

ところが、、、
不思議な「縁」というか「力」
というか
吉野信子さんという主婦に
そのフォルダーが立って、彼女を
通して、今、
日本人に語りかけて
いるように感じます。。。

■編集後記
「カタカムナ」については、多くの方々が
関心を持ってきており、流行りが訪れて
一つのブームになって、結局、
上記の動画でもありましたように
未来を「占う」道具としての
売り込みをしているようにもみえました。
彼女が、いくら宇宙的な高尚なことを
説いても、たとえば
カード化した
「カタカムナ48声音の思念」の
言葉の本質的な意味だとする、
選択したカードの組み合わせ順で
未来を「占う」という、道具性が
占いの「道具化」になって
ミイラ取りがミイラに成り果ててしまう
危険性があると感じます。
つまり
一つの占い分野になってしまい
戦争経済に毒されてしまう危険性のほうが
注意すべきコトなのかもしれない。

具体的には、
「あのおばちゃん、カタカムナ文字で
一儲け、しよったで、、、、
上手いこと、のせるなぁあ~」

「カタカムナ48声音の思念」の
言葉の本質的な意味の開示には
じゅうぶん、配慮すべきであろう。

なぜならば、そんなに、究極的なモノであれば
使われ方次第で
狂気にも、凶器にもなるのではないのか?

剣や刃物と同じです。

それこそ「草薙の剣」ですよ。

では、また。


スポンサーリンク