財務省乃為体振露見(ざいむしょうのていたらくぶりがろけんしています)

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\Soujya です。/

最近、相撲協会と国会は
相似形になっている感じです。

というか、日本の財産に関わるのが
財務省である。
現在まで、この財務省が
悪の背乗り政権との癒着というか
財務省までが背乗りされているのが
見え隠れしてきた。

ここに、ある本の紹介文がある、、、

<引用開始>

「国の借金は1000兆円を超える。
日本人1人あたり800万円以上の借金を背負っている計算になる。
子や孫の世代にツケを残さないためにも
消費増税は不可欠だ」
ーー新聞やテレビでもさんざん流されるから、
このようなロジックを
耳にしたことはあるだろう。
でも、全部デタラメだ。
そもそも、バランスシートの負債の部だけを
取りあげて1000兆円の借金とは
会計上でも間違っている。

政府資産は672兆円もあるし、
そもそも負債の部にある
「公債」「短期証券」のうち
500兆円は政府の子会社である
日本銀行の持ち分だ。
連結決算すればチャラだし、そもそも現在、
日銀の黒田東彦総裁は財務官時代に
日本の格付けを
ボツアナ以下にした海外格付け会社に
「日米などの先進国の自国通貨立て
国債のデフォルトは考えられない」と
抗議していたくらいだ。
それなのに、
国内に向けては
「財政破綻論」をまき散らす。
黒幕は財務省だ
国際機関(財務省OBの天下り先)を使って
「増税せよ」と外圧をかけてくる。
そして、緊縮財政を実行して、
日本国を小国化させようとする。
国益よりも省益が大事なのだ。
このままでは「亡国」に至ること必至だ。

<引用終わり>
以上の警笛を鳴らしているのは
「財務省が日本を滅ぼす」
三橋 貴明 (著)

さて、このことを踏まえ、、、例の

安倍ちゃんと森友学園の関係が
籠池夫妻が幽閉されている中で
辺りから、少しずつ
剥がれてきている感じです。

そもそも
不正受給したとされる籠池氏が
金額としては、比較的少額であり、
全額返還済みということから、
これ以上、何を
彼らは、罪の隠匿をしている
のでしょうか?
逮捕の必要性自体に
大きく疑問が持たれています。
「警察」が国家権力の
道具になっているという証拠です。

さて、以下の動画でも語っていますが
2月1日の参院予算委員会で、
学校法人「森友学園」への
国有地格安売却問題をめぐって
学園が計画した小学校の名誉校長を
務めていた
昭恵夫人の関与
を問われたのに対し、
安倍晋三首相は
「売買、金額の交渉に
一切関わっていない」と
改めて否定していました。
これに、ツッコミ質問を入れたのが
共産党の辰巳孝太郎氏、、、

籠池夫妻が
2016年3月16日に
近畿財務局と協議した際の録音
とされるデータを紹介しています。

それによれば、
前日の3月15日に
東京の財務省理財局担当者と
面会した籠池氏は、
「われわれが財務省から出た途端に
安倍夫人から電話がありましてね、
『どうなりました? 
頑張ってください』
と言っていた」と発言した。

共産党の辰巳孝太郎氏は、
これについて
「重大局面で
昭恵氏が籠池氏に応援の気持ちを
伝えていた」
と指摘し、
昭恵氏が値引きに
影響を与えたとの疑念を示した。。。

もちろん、安倍ちゃんは
昭恵氏の関与を重ねて否定。

「(籠池氏は)ころころ
言っていることを
変える人物だ」と反論。
(自分もコロコロ変えて棚上げして
るくせによく云うよね(ノ∀ ̄〃)

さて、現在は財務省の

佐川宣寿国税庁長官が
八億円もの大幅値引きでの
売却について、、、
虚偽答弁とも云えるが、、、

事実は
近畿財務局の担当者が売買契約前に
籠池氏から値引きを求められると
「ゼロに近い金額まで努力する
作業をやっている」などと
籠池氏と協議し、
伝えていたことがバレている、、、
このように
理財局長当時に答弁していた内容が
国会審議で次々と破綻しているなかで

今度は、2月1日の参院予算委員会で
現在の財務省理財局長の

太田充氏、曰く
籠池夫妻に対応した
同局担当者が当時、昭恵氏が
名誉校長に就いていたことを
「承知していた」と説明。

別の音声データで、
この担当者が
「応援する気持ちで
近畿(財務局)はやっている」と
述べていたことも確認した。

さらに
太田局長は
今年1月の開示分以外にも
学園との交渉経緯を記録した
内部文書について、存在することを
認めた訳です。
「個人情報や
不開示(とすべき)情報が
ないか確認している」
と述べ、精査が終わり次第、
追加開示する方針を示しました。

また、以前に
宮本岳志氏が去年4月の
衆院・財務金融委員会でも
云ったように

田村国有財産審議室長との
面談時の「録音された音源」が
あるとの情報が有ったわけですから
参考人招致のリクエストが残っていた
のも忘れられませんね。。。。
https://www.youtube.com/watch?v=CsdVGjCQZv4

とにかく
安倍ちゃんの嘘の皮が
次々と剥がされて行くことで
様々な不正や癒着・忖度ヘドロなど
昔の「金丸幹事長」のように
二階幹事長と菅官房長官の
二人の妖怪とともに
政権を去る日が来るのは必須。
(日本がマトモな国家であればね)

また、財務省のテイタラクが
これで、
はっきりしたわけでスね!!!

では、また。


スポンサーリンク

財務省が日本を滅ぼす 単行本 – 2017/10/31
三橋 貴明 (著)

【編集担当からのおすすめ情報】
著者の三橋さんといえば、公表されているデータをきちんと読み解くことで、さまざまな「デタラメ」を暴いてきました。その三橋さんの念願でもあったのが、財務省のインチキぶりでした。財務省といえば、国税庁という「権力」も自由自在に操れますが、三橋さんは「いつ国税庁を飛ばされてもまったく関係ない。すべて本当のことを書いただけだ」と全面対決上等といった感じです。気合いの入った三橋さんの熱を感じてください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。