地上での自分を超えるとは?・・・己の立ち位置が真の基礎の上に無ければ、それは「偶像崇拝」になります

Pocket
LINEで送る

こんにちは、\Soujya です。/

急な質問で、すみませんが、、、
あなたは、自分自身を「超えたい」と

思いますか?

思う方だけに、以下の本をご紹介します。
 ↓↓↓

自分自身という意識の中に

何に「価値」を見出しているか?
という認識が、必ず、伴うモノデス。

さて、では、この本の読者の中から
レビュー投稿で
115人のお客様がこれが役に立ったと考えています。。。。
という方のレビューを
紹介します。。。


この本は500ページあります。

 あまり自己啓発本を読まない方には、オススメではありません。

 というのは、自己啓発本で、ある程度言われている内容と、この人独自の内容、そういうものの違いを感じとることが、この本を読むメリットではないかな、と僕は思うからです。
 
 否定的な自分を変えたい、と思う人には、僕はこの本はそれほどオススメではありません。
 500ページの本を読んで、これ全部せんといけんのか、と思ってもどうしようもないと思うからです。
 
 自分自身の価値は、かなり感じられているけれども、いま一歩進むヒントが欲しい、と感じている人が読むと、納得する本ではないか、と思います。

 僕自身が、この本が良かったと思う点としては、「どうすれば価値を加えられるのか」という質問です。
 この1点で、本の購入を決めました。

ところで、僕は、因果関係とは自動販売機に100円入れてボタンを押すとジュースが出た、という感覚くらいでとらえていますから、そのためには、電力が必要で電力会社があり、自動販売機を作っているところがあり、飲料メーカーがあり、という風にいろんな人が関わっている、ということを感じ取る、とその人たちに消費で貢献をしている、とわかります。

 ただ、このピーター・セージは、「どうすれば価値を加えられるのか」と自分で質問をすることで、お金を使わずに、何かを手に入れるという方法を考えます。もちろん、自動販売機でジュースを買うくらいなら、お金を払いますがw
 そして、全員が勝者になれる方法を考える。これは、よく言われるwin-winですね。これは、因果関係を考えることが必要になってきます。

 著者のピーター・セージは、人間の欲求の成長と貢献にフォーカスすればいい、と本で述べていますが、そのフォーカスするための質問の展開の仕方がおもしろくて、僕としては学習できました。
 
 質問の基本編としては、アンソニー・ロビンズの会社でトップセールスマンになったマイケル・ボルダックの本を読むと、質問することの重要性が載っていますので、そちらを参考にするといいかもしれません。


この方の場合は、価値の追加ですかね・・・
抽象度が、高いかもしれません。

ピーター・セージが云う
「人間の欲求の成長と貢献にフォーカス」

なるほど、
でも、視点を変えて
私に云わせれば・・・・・・

戦争経済で固定点観測に染まった、固定点障害で
欲求を満たすための
成長と亜空間知能に向かうためのフォーカスの仕方
みたいに観えてしまうのは、何故か、不思議です。。。

 ↓↓↓

ところで、上記で述べた
■固定点とは・・・http://dictionary.sekirintaro.com/%E5%9B%BA%E5%AE%9A%E7%82%B9/より・・・

人体の観測者効果が一つの言語や一つの印象、また数字の上下やその偶像に強く囚われてしまう状態を指していて、その固定点で脳内情報処理をしている状況が「居着き」「自我フレーム」「頭重心(あたまでっかち)」とも解釈できるものである。そして最大の固定点が名詞でありさらに家族や血縁者である。殆どの奴庶民は名前と家族という固定点に強く拘束されて一生涯を終える。ゆえにΦが見えなくなっている観測者に溢れているのがこの悲しみの星である。

オール360度、視点を変えてフォーカスすると
見えてくる、ものがあります。
全方位の抽象度を上げて、俯瞰すると、、、

価値の捉え方
そして
道具捉え方、見方・使い方が
全然、考えても見なかった方向に

今後、進んで行く可能性を秘めている
かもしれません。
 ↓↓↓

では、また。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。