悲報:西部邁(評論家)さんの残したもの

こんにちは、\Soujya です。/

保守評論家の西部邁さんが、多摩川で死亡していたとのこと。
速報では、入水自殺か?
ということです。。。


<引用開始>
元東大教授で保守系評論家の西部邁さん(78)が
死亡していたことをTBSやテレビ朝日などが報じた。

TBSのTwitter速報は「多摩川で入水自殺か」と
初報。
朝日新聞デジタルによると、
遺書が残されており、
警視庁は自殺の可能性があるとみているという。

西部さんは北海道出身。
東大入学後、全学連の中央執行委員も務めるなど、
60年安保闘争に参加した経験もあるが、
のちに転向。
86年、東京大学教養学部教授に就任。
東大を辞任後、テレビ朝日系の深夜討論番組
「朝まで生テレビ」などに出演するなど、
多岐にわたる活動を続けていた。

最近では、2017年12月、
新著「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱 」
(講談社現代新書)を出版していたほか、
1月20日放映の東京MXテレビ
「西部邁ゼミナール」で「『言論をめぐって』
 西部邁ゼミナール長による特別講義【1】」
と題した番組に出演したばかりだった。
<引用終り>


ありましたね。
遺作となった動画、どうぞ

戦後、インテリどもが、「アメポン」に
ひざまずいて
仰いで「崇拝」している。
今でも、そのアホ宗教が続いている。

民主主義とか
資本主義とかという
ネーミングに化けた宗教

惑わしの宗教の中にいる。。。

西部邁 生前最後のメッセージ 
「televisionとは何か」
「生きることとは」
「人間とは何か」 特別講義【2】
「現代の日本社会」 
TOKYOMX西部邁ゼミナール

西部氏は
「専門バカ」がはびこる日本の状況の嘆きに
絶えられずにいました・・・
・・・自殺する訳が、考えつきません。

この覚醒者のご冥福をお祈りいたします。

では、また。


スポンサーリンク
保守の真髄
老酔狂で語る文明の紊乱
(講談社現代新書) 新書 – 2017/12/13
西部 邁 (著)

表現者 2018年 01 月号
[雑誌] 雑誌 – 2017/12/16

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。