忙しい社長が人を雇ってもなぜか楽にならない理由 マンパワーに頼らないビジネス構築法

こんにちは、\Soujya です。/

こちらの動画を紹介します。
(中村まいこ社労士事務所)さまより

この動画の中村まいこさま
のコメント欄から


引用開始
なぜ社員を増やしたのに
忙しさが改善されない
楽にならないと
感じるのでしょうか?

私が見てきた中で
・人を増やさずに楽に
 ビジネスをやっている社長
・人を増やしても増やしても
 楽にならない社長

の境目があります。

あなたはどちらでしょうか?

社長はちょっと忙しくなると

すぐに人を雇いたがるのですが
社員を増やしすぎて人件費で
大変な目にあった
社長を何人も見てきました

忙しい
→人を増やす
→忙しい
→人を増やす→・・・
というループは
マンパワー頼みの経営です。

人を増やした分だけ
儲かればよいのですが
「人を雇う=新人教育が発生」
です。

教育しているあいだ
新人も、教える既存社員も
赤字です。
チャリーンどころの金額では
ありません。

人件費、残業代が
発生しますし
教える既存社員の本来の
仕事が止まるので
どんどん仕事が溜まって
いくことになります。

たくさん人を雇用することに

情熱や意欲のある社長は
よいのですが
利益を出して社員に高い給料を
払いたい。
と考える社長は
マンパワーに
頼らないでください。

マンパワーに頼らない
常に人手不足で忙しい状況から
脱却するためには
「事業の仕組み」が
必用なんです。

もし
あなたがビジネスを
仕組み化したい。
と感じたことがあるなら、
彼をチェックしてください。

仕組み化を前提に
起業する分野で神様と
呼ばれています。

Amazonで仕組み化の
神様をチェックする
マイケルEガーバー
  ↓

引用終わり


ちなみに

http://entre-s.com/より
マイケルE.ガーバー氏の
正式な書籍は
「はじめの一歩を踏み出そう」
「起業家魂に火をつけろ」
「あなたの中の起業家を
呼び起こせ! 普通の人が
すごい会社をつくる方法」
の3冊のみになります。

最後に
はじめの一歩を踏み出そう著者、
マイケルE.ガーバー
「起業家精神について」動画を紹介します。。。

では、また。


スポンサードリンク