尻すぼみのリニア談合疑惑・・・粛正人事か?(現行の独禁法は、実は恐ろしい闇=日本のインフラ企業が立ちいかなくなる日が来る)

こんにちは、\Soujya です。/
私の好きな
日刊ゲンダイDIGITAL版より
紹介します。。。

捜査尻すぼみのリニア談合疑惑
ウラに官邸の“粛正人事”か
2018年1月19日

捜査の進展はどうなっているのか。リニア中央新幹線の建設工事を巡る大手ゼネコン4社の談合疑惑は、年が明けた途端、続報がパタリと途絶えてしまった。

「東京地検特捜部が動いた以上、談合事件の先にはバッジ(国会議員)をターゲットにしていると見られていました。しかし、どうも雲行きが怪しくなってきた。談合事件すら立件できるか分かりません」(全国紙社会部記者)

 ゼネコン側もやけに強気だ。鹿島と大成建設は、談合に当たる不正はないとして、22日が期限の課徴金減免制度に基づく違反の自主申告をしない方針だという。

■強制捜査直後に地方へ異動の閣議決定

「このまま事件がウヤムヤに終わるとすれば、官邸の粛清人事が影響している可能性がある」と、司法関係者がこう言う。

「特捜部が独占禁止法違反容疑で、鹿島と清水建設の本社を家宅捜索し、強制捜査に乗り出したのが昨年12月18日でした。実は、そのわずか1週間後の12月26日に、当時の林真琴刑事局長を名古屋高検検事長に転出させる人事案がこっそり閣議決定されたのです。

 林刑事局長と東京地検の森本宏特捜部長のラインでリニア疑惑を徹底追及すると見られていた直後に、林刑事局長が突然、飛ばされた。役職的には栄転とも言えますが、検察内では『林さんは虎の尾を踏んだ』ともっぱらでした。つまり、官邸が『これ以上、手を突っ込むな』と牽制する意味で粛清人事を行ったと見られているのです」

 法務・検察が不可解な人事に翻弄されるのは、今回が初めてではない。法務省の黒川弘務事務次官は、渦中の林氏と司法修習同期で、官邸の覚えがめでたい人物だ。

「16年に法務省は林氏を次官に充てる人事案を打診したのですが、官邸の意向で黒川氏が次官に就くことになった。官房長時代に官邸の意向を受けて甘利事件を握り潰した論功行賞でしょう。森友学園問題でも籠池前理事長を逮捕するよう現場の尻を叩いたとされ、『官邸の守護神』とも呼ばれています。黒川次官はリニア事件の捜査にも消極的だったそうです」(前出の司法関係者)

これが本当なら、黒川次官がいるかぎり、安倍官邸は安泰ということだ。

 だが、よその地検からも検事を動員して大々的に捜査を開始したリニア談合疑惑が立件できなければ、特捜部のメンツは丸潰れ。国民からの信頼を取り戻すには、報復人事を恐れず、巨悪に切り込むしかないはずだ。

三橋貴明氏は、何が問題なのか?・・・わからないという・・・

リニア談合(ゼネコン大手4社)実はメディアの大嘘だった!!そのカラクリを三橋が暴く!

ヤバイ!、潰すな地元建設会社、、、
そして日本のゼネコン各社がんばれ!
日本のための
日本人の談合はあたりまえではなかったのか?
このままだと、日本でのオリンピックが
インフラさえ、やりにくくなって
首根っこ、押さえつけられて

早く、気づけよ・・・40代・50代・60代・70代
そして80代よ!

ジジイ&ババアどもよ

このままだと
おめえらの息子や
孫・ひ孫の代で、この日本がなくなっちょ~~~~~~。

「アメポン」(ハザール・マフィア)にやられているせいなんだよね。。。

そして、一番の原因は
「ジジイ&ババア」が目先の温もりやテメエらの家族だけ
よければ、良いって感じで
金ためて、毎日、ぬくぬくやってるんじゃねーぞ!

そんなことしてるオメたちは
「ユデガエル」そっくり、だぜ。。。

そして、ユデガエルの子もユデガエルをつくり
そのまた、子もユデガエルを産んでるんだぜよ!

これが、今の日本人だってこと
わかってねーのが
https://matome.naver.jp/odai/2145234898470481301/2145286803821770403
「ユデガエル・ジジイ&ババア」たちだぜ。。。

孫とかその先まで
ユデガエルにするつもりか!!!

今のうちに、なんとかしろや!
「ユデガエル・ジジイ&ババア」

と言って、私も、ジジイ。
しかし、、、ユデガエルにはなりたくない!

だから、
私なりに、訴える。

私なりに、頑張る。

私なりに、子供らに真実を伝える。

教える義務がある。

では、また。