勉強しすぎで行動できない?

こんにちは、\Soujya です。/

せっかく来てくれたお客さん…

でも一回きりでなかなか
来なくなってしまった…

もっとリピートしてほしいけど
どうすればいいのか?

これにはこんな事例があります。

「ダン・ケネディが教える
小さな会社のための
マーケティング入門」より引用

~~~~~~~~

私がクライアント全員に教え、
自分の会社でも積極的に
実践している戦略に、

顧客に対して月刊のニュースレターを郵送する

というものがある。

これは顧客との関係を強化し、
自分の話題を提供し、お客をレストラン、
およびそのオーナーであるあなたとの
個人的な関係に引き込むための
優れた方法だ。

これを使えば、顧客に対して
もっと頻繁に店を利用する
動機を与えられる。

広告スペースを使う事で、
顧客に対してもっと
頻繁に店を利用する動機を与えられるし、

広告スペースとして使うことで、
顧客にあなたが提供する
可能性の他のサービスについて知らせたり、
個人的なつながりを強化できる。

~~~~~~~~~

ニュースレターを送る事で
お客さんとのつながりを強化し、

リピートをしてもらえるきっかけを
作る事ができるんですね。

つながりが強化されると
口コミにつながるかもしれません。

あなたの友人に、、
ある、お店について
「どこかいいところない?」

と聞かれたら、
「じゃ、ここだよ!」
みたいにスグに薦めていることが
ありませか?

たとえば、
・居酒屋
・スーツ専門店
・理容・美容
・スポーツジム・フィットネスクラブ
・エステ
・ホテル



もしかしたら、こういう
「お客さんとの関係作り」は
口コミを起こすポイントかもしれません。

このように
お客さんとの関係を作るために

ニュースレターを使っているのが

ダン・ケネディが教える
小さな会社のための
マーケティング入門です。

ニュースレターのサンプルも
のっているので参考になりますよ。

詳細はコチラ

ダン・ケネディ氏をご存じない方のために

日本でも16冊以上の著書が翻訳される
マーケティング界の世界的権威

米国ダイレクト・レスポンス・マーケティング・コンサルタント。
著書18冊以上出版し、世界21カ国8言語に翻訳。日本トップマーケターに選出された神田昌典氏も、彼の著書を監修し、絶賛のコメントを寄せる。ダイレクト・レスポンス・マーケティング界の世界的権威。

プロのコンサルタントとして…

彼が育てた企業は多数。数億円規模のクライアントから、数千億規模のクライアントまで(日本でも有名なニキビケア商品「プロアクティブ」を販売しているガシーレンカー社。この会社も彼 のクライアントで最初のTVショッピングからダン・ケネディがブレーンとして加わっている)。彼がクライアントの質問に答える、コンサルティングは1日で92万円。

※このページには、1ドル100円で計算した数字を掲載しています。

プロのスピーカーとして…

ブッシュ元大統領、 マーガレットサッチャー元英国首相、 ジグジグラーやブライアントレーシー、フォード元大統領、レーガン元大統領、ノーマンシュワルツコフ将軍、などのスーパースターと共に講演を行なっている。

プロのコピーライターとして…

彼の広告素材の作成費は、1プロジェクトで500万〜1000万円。さらに、その広告を使う限り、クライアントは売上の数%をロイヤリティとして支払い続ける。それほど高額をチャージするにもかかわらず、彼の元にはキャンセル待ちのクライアントが列をなし、85%がリピーター。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングのエキスパートとして…

年に1度開催されるカンファレンスは、参加費が30万円以上にも関わらず、世界中から起業家が殺到(このカンファレンスへの参加人数は、1200人を超えるので、参加費の売上だけで3億6千万円にもなる)。

専門家として35年のキャリアがあり、彼は自分自身でビジネスを経営しながら、
セミナーやコンサルティング、コーチング、書籍や教材の販売などを通じて、
これまで250を超える業種のビジネスを直接指導。
ダン・ケネディのマーケティング・ノウハウは356以上の商品、
サービス、業種などで成果を上げている。


日本トップマーケターに選ばれた神田昌典氏のコメント

「・・・他のビジネス書とは、まったく違うと感じた
口コミ・紹介依頼法、
顧客流出の食い止め方、
電話で相手の住所を聞き出す方法等々、
MBAでは学んだことがない
実践策の宝庫だった」
※ダン・ケネディの著書「究極のマーケティングプラン」東洋経済新報社から引用

あなたのお店も、どうですか?

(今なら)

では、また。