実際にアルツハイマーが改善した例

こんにちは、\Soujya です。/

今朝は、アルツハイマー型認知症
について

私の母は軽い認知症に罹っており
アルツハイマー型のようです。

これは、認知症の中でも最も多く、
全体の約6割を占めるようです。

アルツハイマー型認知症は
原因があって起きるわけですが、、、

その原因とされているのが

脳にアミロイドβやタウと呼ばれる

特殊なたんぱく質が溜まり、
神経細胞が破壊されて、
結果して、

認知機能に障害が起きてしまう。

と考えれています。
さらに進むと、脳全体も委縮し、
やがて身体の機能も失われていく
といいます。

実に恐ろしいものです。

もっと詳しく調べると、、、

アミロイドβという物質は
脳神経細胞の老廃物で、
蓄積が続くと
脳神経細胞先端部を傷つけて
しまうそうです。

タウタンパク質は
脳神経細胞の中に蓄積し
神経細胞そのものを
死滅させる物質です。

どのように発症するか

最初は、アミロイドβの蓄積が
約10年かけて溜り、
その後
タウタンパク質の蓄積が始まるそうです。

神経細胞の敵である
悪玉物質ですね。

それから更に、約15年間かけて
アミロイドβとタウタンパク質が
共同するように蓄積活動を続け
やがて、脳神経細胞を死滅させて
認知症の発症となります。

発症は初期段階から約25年。

つまり、女性に多い45歳から
アミロイドβの蓄積が始まって
45歳+25年=70歳あたりから
発症が多いそうです。

ということは

予防は、45歳以前からの
心掛けで、認知症にならないように
できるということです。

母は手遅れでしょうか?

でも、朗報がありました。
実際にアルツハイマーが改善した例です

http://www.yobougd-alzheimer.com/knowledge/research.html

<引用開始>_____________
67歳の女性のケース

この女性は、2年前までは、
フルタイムの仕事についていましたが、
データの分析やレポート作成に
困難を覚えるようになり仕事を退職。
治療の時点では、
4桁の数字を覚えることができず、
通いなれた道であっても
迷うようになったり、
愛するペットの名前も
間違えるようになっていました。

デール・ブレデセン氏が
提唱する治療を開始し、
3か月後には、すらすらと
電話番号を覚えられ、
レポートも昔のように
作れるようになり、
なんと仕事に復帰できるまでに
至りました。
現在、彼女は70歳で、
再び症状があらわれることなく
仕事を続けています。

その時行われていた
治療プログラムは、
以下のような内容でした。

(⇒は、私のコメントです)

■炭水化物の摂取を制限し
20ポンドの体重減少

⇒日本人はご飯や麺類の量を
取りすぎないように注意する

■加工食品の摂取を制限、
野菜、果物、天然の魚の摂取の増加

⇒生鮮食料品は欠かせません。

■ストレスを低減するために、
ヨガを始める

⇒ヨガでなくともストレスを
低減させる方法なら、、、

■メラトニン0.5mgの経口摂取

⇒日本人なら、朝の散歩や
日光浴で太陽の光にあたることや
朝、太陽の光を浴びることで、

メラトニンの血中濃度を低下させて
睡眠から目覚めの体内時計をリセット
することができます。
また、セロトニンの分泌を正常に
保つ事ができます。

メラトニンとは
脳内物質で誘眠作用があり
時差ぼけを解消して、
一日の体のリズムを調整する
働きをします。

朝日を浴びることで、
メラトニンを増やし、
血中濃度を下げる作用で脳が覚醒し、
その15~6時間後に分泌が始まり
寝る準備へと導かれるのです。
メラトニンの分泌量は、
光によって反応し
増えたり減ったりします。
太陽の光は晴天で100000ルクス~
雨の日でも5000ルクスあるようです。
ちなみに
朝、太陽の光を浴びることで、

メラトニンの血中分泌量が極端に減り、
また
セロトニンの分泌を増やして
正常に保つ事ができます。

また、メラトニンを多く含む食品は、

春菊、
カイワレ大根
アシタバ
img-green-vegetables[1].jpg
などです。

■一日の睡眠時間を、4時間から7時間に増やす

⇒メラトニンとの関係がありますね。

■毎日DHA・EPAを摂取

⇒青魚の油に豊富に含まれています。
9915073[1].jpg

■毎日メチルコバラミンを摂取

⇒ビタミンB12に多く含まれています。
e00fb4f65be97020624ca6216e18f610[1].jpg

■毎日ビタミンDを摂取

⇒やはり、日光浴が手軽で摂取しやすい
Most-people-can-ditch-vitamin-D-supplements-200x300[1].jpg

■毎日CoQ10を摂取

⇒コエンザイムQ10たっぷりレシピ!
enrtry_abokado[1].jpg

■電動フロッサーと電動歯ブラシを使用して、
口腔衛生を最適化

⇒スポンサードリンクでご紹介しています。

■夕食と朝食の間に12時間絶食し、
夕食と就寝の間に3時間以上開ける

⇒朝食をキチンと済ませ、
できれば、昼食は取らなくても…

■最低30分間の散歩を、
週4日~6日するようにした

⇒食後のお散歩をおすすめします。

<引用終り>_____________

やはり、何事も適度な
運動と食事の量、間隔ですね。
それと、ワインも良いみたいですが
これも同じですね。

では、また。

_________________________________
スポンサードリンク

たとえば口腔洗浄器であれば

電動歯ブラシであれば