体を整える ツキを呼ぶカラダづかい

こんにちは、\Soujya です。/

突然ですが、あの雀鬼と呼ばれた男

「桜井章一」

の流儀はこうだ! 

変化に合わせて生きていけば
動きは柔らかくなる/

いい仕草は「流体のカラダ」から生まれる/

「一口食べる」感覚で力を抜く/

強い人は動作が見えない/

耳で見ろ!/

軸は取ったほうが勝つ/

カラダが消しゴムになって、いい動きを消してしまう/

底力を引き出すカラダの整理術<実践編>等々

……かつて棲んでいた
「感覚の世界」を取り戻そう。

という本がありました。。。。

なにやら、多くの人たちは
「アタマデッカチ」になってるもんだから
肉体のあちこちも、カチカチ状態に
なってるような気がします。

そして、多くの人は
カラダより「頭脳」を重心として生きてますから
カラダが異常を発していても

受信しようとはしないんですね。

やっと「痛み」が伴ってから

手が痛い、足が痛い、肩が重い、
クビが回らない、膝が痛い、
肩が痛い、、、実に「発症」してから

気付くんですね。

原因はいろいろあるにせよ

カラダを整えておくことで、
ニュートラル(中庸)の
状態にしておくことでの

効用がいろいろと有りそうです。

ところで、
カラダに生まれつき宿ってるのが「エゴ」です

エゴは「カラダを整える」上で、
小さくする必要が
あるかもしれません。

そして、カラダを整えることと
「動作」がいかに大切なものか。

こちらで、述べています。

では、また。
_________________________________________
スポンサーリンク
体を整える ツキを呼ぶカラダづかい
桜井章一 (著)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。