地道にコツコツ・・・考。

こんにちは、\Soujya です。/

今回のテーマは、、

「私は、夢が大っ嫌いです!

あてにならない夢は
家族を不幸にするだけです。

人間は、夢なんて見ないで、

地道に、真面目に、満全に
私は公務員になって定年まで
・・・人生は
地道にコツコツです。」

と云ったのは、「希(まれ)」
ちゃんだった。。。

人生は、一歩づつコツコツ
歩けば、きっと目標に

たどり着ける!!!!

なんという、ポジティブな人間で
自分のことより
まずは、他人。

というこれまた、
普段、見かけない、人間種。

それでもって、あり得ない
過酷な環境中で、
やり直しが出来ない
絶体絶命の境遇。

その中で、蓮の花のように
地道に咲き誇る「希」の生き方。

甲斐性なしのオヤジに
戒める娘。。。
このドラマ、結構、意味深な
内容で、面白かったです。。。

さて、最近流行っている
ユーチューバーが
陥りやすい

「コツコツと地道な
努力ができない」
という点で、指摘してる動画が
ありましたので
紹介します。

何かを達成するには
地道な努力の積み重ねが
あるということです。。。

先のドラマの話であれ
上記の
「地道な作業の積み重ねが
目標達成につながると
実感することが大事」
ということであれ

共通してるのは

「あきらめずに、継続する」
という、これまた、コツコツ
な精神で貫かれているのです。

大事業や大きな何かを
成し遂げたい、得たい
という「山」であるほど
そうでは、ありませんか?

そのためには
ドラマに出てきた
希の父 津村徹みたいな・・・
<引用開始>_________
「自他ともに認めるダメ人間。
山っ気があり若いころから仕事が
長続きせず、自分で商売をしよう
とあれこれ手を出しては失敗。
懲りて地道に働けばいいものを、
たまに一山当てたりすることも
あって、なかなかまっとうな道を
歩めない。ついには自己破産に
追い込まれ、家族で能登に移住
してくることに。夢が嫌いな希に
、ことあるごとに夢の大切さを
語って聞かせる。
<引用終り>_________
生き方では、「山っ気」が
あっても、目標を掲げない山は
山ではなく、妄想な山である
ということでしょう。

しかし、目標は無いが
「夢」を持つ大切さは、津村徹に
同感である。。。

それをドラマ内で花開かせたのが
ヒロインの津村希。
<引用開始>_________
人生のモットーは
「地道にコツコツ」、生真面目で
安定第一の女の子。困った人を
ほおっておけない性格で、彼女の
人助けが時に「希」なことを呼び
込む。父に代わって母を助ける
ため、高校に通いながら塩田や
畑仕事を手伝い、輪島の朝市でも
売り子をする。高校卒業後は念願
だった市役所に就職するが、
パティシエという夢を抱いて、
横浜へ。フランス帰りの名
パティシエのもとで厳しい修業に
励み、次第に才能を開花
させていく。
<引用終り>_________
という、コツコツで市役所へ
就職して、本望だったにも
かかわらずであった。

やはり、人生は
「大志」を抱いて
それに向かって、一歩・一歩
踏みしめて生きていくのが
その人にとっての
生きがいなんだろうなと
思います。

「小志」では、
ダメなんでしょうね。。。

なぜならば、
すぐに実現してしまいますから

それで、ゴールに入った気に
なって、次の目標を
何にしよう?
みたいになって、流されやすい
自分を自分で
育成しているように
なってしまうのですね。

それは、亜空間知能
「奪われてしまって」いる
状態かもしれません。。。

奪われないようにするには
何人も、宇宙で唯一の
おのれの存在に気づくこと。

それは、自信。

簡単に云えば

他人の評価を気にしない。

関係ない。

過去の実績も関係ない。

今この瞬間から、
自分に自信を感じるといこと。

理屈抜き!

他人に奪われることもない、

失うこともない認識が重要。

これが、実は
自分自信の育て方。

では、また。
_______________
スポンサードリンク

<カスタマレビューより>
この本は自信というものがどう
いったものであるのかを的確に
伝えてくれています。
自信とは何かを成し遂げた結果に
よってもたらされるものではなく
、自分の心の中に存在している
ということがよく分かりました。
自分に自信が持てない人や他人の
評価に振り回されてしんどい思い
をしている人にとって必読の書
だと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。