「赤松小三郎ともう一つの明治維新」の紹介

こんにちは、\Soujya です。/

現政権は「悪政」とよくネット上で叫ばれています。

その源流を探っていけば・・・

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/394996
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/399646
https://iwj.co.jp/wj/open/archives/404160

「長州レジーム」という
キーワードにぶつかりました。

とくに
山口県の田布施地区からの出身者が
政治に関連する人たちが多いようです。。。

最近、ここ十数年、やたらと幕末と明治維新を
背景にした時代劇ドラマが放映されていますけど、

明治維新というそのものが
以前から
しっくり、来なかったのです。

例えば
映画「ラストサムライ」をご覧になった方も
いると思いますが、天皇の紋(菊花紋)の
旗印を掲げ、自動機関銃で武士たちを
皆殺しにしている「象徴」が
あの映画には刻み込まれていました。

狡猾で冷酷非情性を感じました。

それが、江戸幕府を倒し
明治維新を成し遂げた、日本人では無い「異臭性」です。

今回紹介するのは、
コチラ

カスタマレビューより
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 薩摩が土佐を裏切って長州「倒幕」側につく直前に、
西郷隆盛の手のもの、
のちの陸軍少将桐野利秋こと人斬り半次郎によって
京都で暗殺され、
歴史から葬られた信州上田松平伊賀守家中の下士、

赤松小三郎。

 著者が生まれ育ったあの真田の上田に対する愛情が
滔々と赤松小三郎に注がれていることが
本書を際立った存在にしています。

 民衆に対する男女を問わない同じ高さからの
あたたかい赤松小三郎の目線が、
近代の政治理念として民にとっての最大のものである
平等原理と国民主権原理とを見事に憲法構想化し、
それが島津久光、松平春嶽、そして徳川公儀に
建白されていたことが本書のメインテーマです。
その構想体系には現日本国憲法より
さらに進んだものさえ含まれていることが
明らかにされています。
 そして近江聖人中江藤樹の
「すべての民はことごとく天地の子であり人間はみな兄弟である」
という旨の、
フランス人権宣言より
150年も先行する言葉に示される、
日本古来の伝統的な価値観に
赤松小三郎の先進的な思想の源流があると著者は指摘しています。

 中江藤樹と赤松小三郎の存在、
これをこそ「日本すごい」と言うべきでは
ないかと思います。
そして、この二人の光を隠した
日蝕が明治維新であるということになります。
いまなお日本を黒々と覆う日蝕・・・。

 理系の研究者によって書かれた
冷静で含意の深い地味なタイトルの本書は、
明治維新を長州過激派武士層による
テロリズムにいろどられたクーデターによる
専制的覇権の掌握であるとする点で
原田伊織氏による維新本と軌を一にしながら、
『明治維新という過ち』とは不思議に異質のものに思えます。
 「森林と自然環境」という著者の
専門において否応なく向きあうことになる
日本の政治経済と、それを生み出した
近現代の歴史に対する知的な探究心と
鋭い歴史的洞察が本書を生み出した
ことによるものではないかと思います。
誰も知らないといってよい

赤松小三郎をよみがえらせる、
みずみずしい生命力に充ちた奇跡的な
一書なのではないでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらは、著者の拓殖大学・関良基准教授に
インタビューしている動画です。。。
【イントロ】「長州レジーム」から日本を取り戻す!
歴史から消された思想家・赤松小三郎の
「近代立憲主義構想」を葬った明治維新の闇~岩上安身による
拓殖大学・関良基准教授インタビュー(前編)17.6.6

日本で最初の立憲民主主義思想は
現行憲法よりリベラルだった!? 
幕末の思想家・赤松小三郎の暗殺に見る
「明治礼賛」の虚妄! ~岩上安身による
拓殖大学関良基准教授インタビュー(その2)17.7.11

では、また。