父親と子供の仲が悪い根本原因について

あけまして、おめでとうございます。

こんにちは、
\ソウジャ です。/

今年も読者のみなさま、よろしく
お願いします。

さて、年明け早々に、湿ったテーマで
始まりました。

実は私がいつも読んでいる
メルマガの中に

今回のことが書かれていたので
自分の反省(半生)も込めて

書いておきたいと思ったのです。

当然、このように書き進めている
ということは
子供との仲は良い方では
ないのです。

世の父親の多くが
子供との仲がよくないのか?
どうかわかりませんが

わたしの場合は
夫婦仲が良くないのが
原因だと思います。

夫婦仲が悪い原因は

ある人が言ってました。。。

それは、男性が女性を支配
しようとすること。
女性も支配を拒んでこれに
対抗する。

あるいは

これのまったく、逆の立場で
やってしまうこと。

らしいのです。

じゃあ、ネット上で
夫婦仲が、円満に、良い仲な

例は、あるのかなと調べたところ



【ありました】

ココから⇒http://anond.hatelabo.jp/20131014005616
<引用開始>_______________
■人生の9割は親で決まる

俺がまだまだ元気な両親から
与えられたものは
とてつもなく大きい
家族の愛情
諦めなければ、どこからでも逆転できる
この2つを身を持って示してくれたことは、
自分の人生そのものだと思ってる

両親は本当におしどり夫婦で、俺ら子供たちの
前では一度だって喧嘩をしたこともないし
それどころか映画やテレビを見てる時には、
お袋が親父の膝の上に乗ったりしてるのを
見せられてた
親父は厳しい人ではあったけれど、
お袋は優しくて、その頃は経済的には豊かでは
なかったけれど幸せだった
家族ってこんなものなんだって、
それが自分のベースになっている
そんな親父が50を超えた頃、
俺が大学に入った頃、会社からリストラされた
リストラされた親父がどうなるのかと
思っていたら、昔からの夢だったから、と
事業を始めたわけだ
心配して、大丈夫か?と聞く俺にお袋は、
わたしはお父さんを信じてるから。
万が一の時にも迷惑はかけないから
なんて笑ってる
そんな寂しいこと言うなよ。
万一の時は俺が身を粉にして働くから
と返したけれど、不安はないわけじゃなかった。
夏休みには夜警で金を貯め始めたりしていたw
そんな俺の心配を他所に、
親父は大成功しちまった。
10年弱働いて結構な額の資産を作って
引退しようかという時になって俺に、
後を継ぐ気はあるか?と聞いてくれたけど
後から息子が社長ですなんて言っても
誰も納得しない、
創業以来の部下に席は譲るべきだと、断った
ていうのは、
当時の俺にも夢があったからではある。

進学をしたかったんだよね。
社会人だったけれど、工学を学びたくて
大学院に改めて行きたかった。
社会人として10年近く経ってて貯金もあったし、
なんとかなるわいと思ってたんだけど、
結局貯金は使わなかった。
試験にも受かり、
会社もやめて新生活を始めていこう
としていたところで
親父が俺が大学時代に
仕送り貰うのに使っていた
講座の通帳を差し出して一言、

おめでとう。さすがは俺の子だよ、

と、言ってくれたから。
そこには少なくない金額が入ってた。
仕事をしてる間も、
ずっと積み立てていたらしく、
定期的な入金があった。
けれど、
金よりも何よりも、その一言が嬉しかった。
さすがは俺の子だよ
認めてもらえたようで、ほんとに嬉しかった。

仲の良かった両親に育てられた兄弟は、
それぞれ中学生の頃から
付き合ってきた子と結婚して
それぞれに幸せな家庭を持つことが出来ている。
お袋と親父が基準だったから、
やっぱ見る目が違ったんだと思うw

子供の人生は親で9割が決まるよ
親父とお袋の子でなければ、
俺なんて何者にもなれない半端者で終わる
程度の能力しかなかったと思う。
大それた夢をもって
挑戦し続けてこれているのは、
夢が叶うことを教えてくれた親父と
それを支える家族の大切さを
教えてくれたお袋、二人のおかげなんだよ

今の俺が思うのは
俺も息子にとって自慢の親父になりたい
その背中の大きさで人生の素晴らしさを
語れる親で居たい
成長して挫折した時にも暖かさを感じて、
やがて立ち直る力を与えてくれる
家庭を築きたい
そんなこと
ただまぁ、残念なことに、
仕事一辺倒の俺には相手が居ないんだけどw
まぁなんとかなるわいw
追記

どうも随分と反響を呼んでしまったようだ。
夜中に何の気なく書いた
記事だったんだけどね。
しかし、考えてもみて欲しい
コメントしてる皆の両親だって
学費を出してくれたり
運動会では動画を撮影したり
旅行へ連れて行ってくれたり
サッカーやキャッチボールをしたり
自転車の乗り方を教えてくれたり
誕生日にはケーキを焼いてくれたり
クリスマスにはプレゼントをくれたり
熱を出した時には不眠で看病してくれたり
したのじゃないか?
ウチは親父が独立するまでは
お世辞にも豊かとはいえなかったよ。
貧しくもなかったけれど、
私立大学へ行かせてくれなんて
言えない家庭だった。
だから何もかもが恵まれていた
わけではないし、
多くの家庭のご両親と
何も変わらない親だと思う。
ただ、俺にとっては最愛の、
最も尊敬する大人だと言うだけだよ。
子供の頃の事を思い出して、
ご両親にありがとうと言ってあげてください
<引用終了>_______________



感無量です。

この考える切っ掛けと
なった、
あるメルマガの内容の話にもどりますが

そのメルマガでは・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・
なぜ、父親と子供の仲が悪いのか
それはなぜか?
結論から言うと、その原因は、

「奥様がお子さんに対して
(ご主人のいないところで)

悪口を言っているから」

だという。

このメルマガ発信者の経験談で

「なぜなら、私の母が、
幼少期の私にずっと、
父の悪口を言い続けていたからです。」
と告白。

父親が

・家族との時間よりも仕事を優先する
・いつも時間を守らない
・いつも暴力を振るう

・・・などなど

そのように
言い聞かせられ、
インプットされ続けたことで

その結果、父親が
好きにはなれない存在となっていたという。

重要なことは。。。

子供というのは、父親と母親、
両方から愛情を
たっぷり受けようとするのであって

父親と母親の仲が良くないのは

子供から見て
「自分は、
片方の親からしか
愛をもらえないかも・・・」
という恐怖を生む。

したがって

母親が父親の悪口を言っていたら・・・

その子供は、
「父親と敵対する」という
苦渋の選択をしてしまうのだといいます。

これは、子供の
潜在的な判断能力だと思うのですが

どっちつかずで両方の親から

まったく愛を貰えないのは

怖いから、
自分は母親についていこうと
いう決定をするといいます。

そして、その子供は

父親を嫌うことで、

とりあえず母親の側につき、
母親の愛だけでも
貰おうとするという流れに
なるようです。

これは

母親が子供に対して
(父親のいないところで)

父親の悪口を言うのは
きわめて陰湿な虐待だとさえ
言っています。

これが
「父親と子供の仲が悪い根本原因」
なのだと。。。

そして
そのメルマガ発信者曰く・・・
_________________
もしあなたがお子さんとの仲が
悪ければ、配偶者と仲直りを
することだけが
根本的な解決になるわけです。

子供は仲直りをしている
両親を見てはじめて、

「ああ、これでようやく、
自分は両方の親から
愛情をもらえるんだな」

と安心して、
敵対するのを止めるからです。

そして、
配偶者と仲直りをすること
以外の改善策は、
すべて枝葉末節でしかありません。
________________
つまり、配偶者と仲直りをすること
以外の策は、効果が無いってこと!


反省です。。。

結婚時に誓った、あの「ことば」を
再び、思い返して
謙虚に受け入れたいと思います。

そして、夫婦の原型である
創世記での位置づけを
確認しておきたいと
思います。。。

では、また。

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山