葬儀コンサルタントのケースを考えてみた

おはようございます。
\ソウジャ です。/

あなたは、人生の最後の時期を
どのように迎えますか?

人の寿命は、たしか、聖書では
いくら、長生きとしても
130歳くらいまでだと、いわれています。

あなたは、長生きをしたいし

いつまでも、健康でいたいですよね。

ところで、長寿国日本では
多くの超高齢者にとって

人生の最後の時期は
やはり
「後悔しない」最後と
したいと思っています。

無後悔最期。

でも、結構、多くの方が遅すぎです。

看護師が語った、

死の直前に誰もが口にする
「後悔のことば」について
ありました。

ベスト5
♥1.もっと自分らしく
生きればよかった

♥2.あんなにガムシャラに
働かなくてもよかった

♥3.言いたいことは
はっきりと言えばよかった

♥4.もっと友達と
連絡をとればよかった

♥5.もっと自分の幸せを
追求すればよかった

せめて
「後悔しない」
おおきな、最後のひとつが

ありました。

それは

まだ、余力がある生前に、
何かと決めておかなければ
ならない事があります。

たとえば、身体の
老化現象に伴い
介護の時は・・・

そして、やがて、看取られて
臨終・・・

そして
葬儀は・・・

そして
お墓へは・・・

という、人生最後の過程を
考えて置く必要があります。

また、後に残された親族たちへは
・遺言
・財産などを託すことになります。

あなたは、大丈夫ですか?

さて、
この一連の「人生最後の時期」

いわゆる
「ライフエンディングステージ」に
関わる様々な

情報提供や、

そこに携わる
関連事業者があるわけで

彼ら業者法人には事業価値向上を提供
するなど

関係者間を取り持ち、情報提供や

それこそ

「終活」~「看取り」~「葬儀」までを

指南する

業界でも珍重される

ライフエンディングの
コンサルタントが
いらっしゃいます。

『ただのオバサンが、
葬儀社にパートに出かけ、
そのままこの世界に
はまってしまいました。
今は皆様に
「後悔しないエンディング」を
お教えしたくて、
オフィス・シバタを設立しました。』


と謙虚に応えているのは

柴田 典子さま、です。

⇒http://officeshibata.jp/

もしあなたも

同じように別なカテゴリで
成功を収めようとするのであれば

コンサルタントとしての
肝を
事前におさえておくことで
実務での成果が大いに違ってきます!

このビデオを見てください。

http://directlink.jp/tracking/af/1405883/YXb5oA1v/

では、またの紹介をおたのしみに

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山