えふえっくす日記(2)

おはようございます。

\ソウジャ です。/

初心者の失敗体験へのアドバイス
コレは、極めて重要。

ヒメ師匠が言いました。

ある初心者が
200万円を元手に

「2週間で、20万円にしてしまった」

事例を語っておられた。

「残念でなりません」
ヒメ師匠は嘆いた。

初心者向けのルールが有ったのです。
「初心者は、
リアルトレードをせず
デモトレードで3カ月の
トータルプラスが出てから
小さい単位で
リアルトレードに移ること」

について、守らなかった。

これは、自動車学校で
路上試験を合格せずに
いきなり、一般道で
運転する、
「無謀者」なのですた。

「それなのに
リアルトレードを
いきなり、しました。」
・・・ヒメ師匠が
悲しくなって・・・

<本日の記録>当面:超初心者なのでデモトレも無し 従って、入力なし。(この様式は残しておきます)

トレード年月日 : 2016/10/20  木曜日

↗本日のエントリー回数:0

↗エントリーの根拠など(自分の言葉で解説):

特になし

↗時間足別:なし    

↗取引時間:00:00~00:00 

↗結果:何pips変動したか

本日のトレード収支:

+XXXX  ーXXXX   ±:+XXX

本日のトレードした通貨ペア:

↗USDJPY

チャート画像
備忘録:トレードに関して思うこと、発見した手法・試してみた手法とその結果など

↗特になし

さてさて、先程の続きです・・・

なんで、何でルールを
守らないの?
とまた、動画の中で
嘆いています。

「なんで、私が、やっちゃぁ
いけないって言ってるのに
やってしまうのか?」

FXでも何でもそうですけど

お弟子さんは
非常に素直になる
訓練をしていないと
このようなケースになって

「負け組み」に没落
してしまうのですな。

訓練というより
気持ちの「持ち方」に
そもそも
「邪念」(悪魔)が入って
いたんでは無いかと思います。

なぜ、分かるかと言うと
私も、以前に
同じような経験が
あったからですね。

その「邪念」とは

一攫千金を夢見る
勝とうとする「欲の固まり」で
それ以外の冷静な判断が
できずに
己に負けてしまっていた。

だから
結果として「負け」が
出ていたのでしょう。

自分を制するルールが
あるのであれば
尚更です。

ヒメ師匠が
「やっちゃダメ」といったら
ダメなんですよね。

それをやりに行く
というのは
「破門」以外の何物でも無い!
昔だったら、破門ですよ、破門。

世の中
何事においても
「ルール」があるんです。

とかく、ルールを逸脱すると
ろくなことが起きない。

すぐれた道具を持つ者の
「ルールを守る」という責任
とも言うべき意味は
それを守ることで
素晴らしい道具として
発揮がなされるが
一旦、それを守らなければ
逆に、邪悪な道具と
化して悲惨な結果をもたらす
ことである。
これこそ
道具である「FX」の本質。

本質を分からずして
FXを行なうことは
「悲惨な結果を招く」ことになる

それから、このことは
「失敗」であることが判明した
のであるから、
別のアプローチでないと
同じ負けの繰り返しになって
しまう。

それは、「自分に勝つ」ことで
あって、今までの自分の
考え方を「見直し」
再挑戦することが成功への
道なのです。

再挑戦無くしては
「成功」への道は
開かれないのですね。

再挑戦とは
自分の考えを「改めて」
出直すことです。
その「改める」とは何か?

改めるとは
「失敗した原因が分かり」
それを改善・改良を行なう
ことです。

こう書くと
多くの人が「難しく」考えようと
する。
道具の使い方で
最初から難しい考え方などは
ないのです。

少しずつ、少しずつ
コツコツ

使い方を習得することで
やがて、道具本来の機能が
良く発揮されるように

使う側が成長することになる。

使う側の成長によって

道具に備わった機能が
十分に発揮されるのである。

だから初心者の最初は道具を使うための
基本を身につけることである。

なので、この残念な事例の人は

「基本から、やり直す」
必要があるのでした。

とかく人間は
知らないことを「知りたい」と
思って、そっちに気持ちが
行きがちだけど

そうではなく

基本としてはどうなんだろう
と自分が
「知っている」と思っているもの
が実は、その認識で良いのか
謙虚になって、確認することが
「基本からやり直す」という
意味なんだと思うの。

包丁には包丁の使いかた

自動車には自動車の運転の仕方と
交通ルールを知る

それぞれに、それぞれの
ルールと使い方がある。

それを丹念に知ることで

他の道具との区分や
使い分け、区別がつく。

それが分からず、ごっちゃに
憶えてしまっている人が
なんと多いことか。

そして、多くの人が誤った認識なのが
道具を知ってることと
道具を使いこなす(できる)こと
とは、まったく違うってことであって
知ってるから、「できる」という
ものでもはない。

なので、陥りがちなのは
「あぁぁ、それ、知ってる
なので、別なこと知りたい。
それ、教えてよ・・・」
となってくるのである。

が、往々にして、このような人は
基本的なことが、「できない」
「できていない」のです。

この「できない」という中には
ルールが守れていないということ
も含むのです。

結論を云うと
「基本ができているか」をチェックするには

自分で
・正しい知識
・正しい技術(経験・体験)
が体得できているかが鍵です。

何事も、そうですよね。

では、また。

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山