人生、最短・最速に生きるのは良いけど・・・

まいど、ソウジャ(創者 一客)
イッカックです。

前回の記事
http://soujya.net/2016/08/27/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%80%81%E6%9C%80%E7%9F%AD%E3%83%BB%E6%9C%80%E9%80%9F%E3%81%AB%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%A6%E6%9C%89%E5%8A%B9%E3%81%AA%E6%99%82%E9%96%93%E3%82%92%E3%81%A4%E3%81%8F%E3%82%8B/#comment-6
読んで、いただけたろうか?

(今回は、調子よく
google翻訳英語で、云ってみる)

_______________
I want to say any number of times !

From the moment a person is given a life from heaven ,
Death has been promised .

Toward the surely death
It would be to live .
Only life about 80 years less than ,
About 70 million hours in the time .

People are old , either die .

Known principle and principle .

If so , it is given equally to everyone
Or to waste this time you are .
_______________
なので
私は、何回でも言いたい!

人は天から命を与えられた
瞬間から、
死が約束された。

確実に死に向かって

生きていくことになる。
わずか人生約80年足らず、
時間にして約70万時間。

人は老いて、いずれ死ぬ。

分かっている原理・原則。

そうであれば、
万人に平等に与えられている
この時間を無駄にするのか、
有効に使うのか。

ということで
前回は「イトカワ」を探査挑戦し
みごとに試料を
持ち帰った、成功の話をした。

この題材は
「自ら移動しない技術」を挙げ
それは、言うまでもなく

「IT」や「ICT」または
「IoT」の技術のことを主に
話した。

今回は、逆に

それら技術に流されない考え方を
教えたい。

私の記事に興味を持って

見て頂いてる人々へ
・・・
このブログを開設して
早くも1カ月になった。

わたしのブログに
コメントを入れてくれたのは
固定観念が無い開放した心で
見ていただいている
多くの人(コメントを頂いた
3人も含めて)だと思う。

この場を借りて、感謝したい。

さて、あなたは
日本のマンガで
「鉄腕アトム」をご存じですか?
https://www.google.co.jp/search?tbm=isch&tbs=rimg%3ACQ_1KW36cPx6JIjhyjFgLyeORs8WLLlacWopWg85ZmagN0DqRUlvI4by6fj7Lxaxz93R-pHR3noHBnpwRYKuD46Dg2CoSCXKMWAvJ45GzEYjuiXMnM68EKhIJxYsuVpxailYRRFl308tyeaoqEgmDzlmZqA3QOhHPZ-a6BdgoqCoSCZFSW8jhvLp-EX7BmPJz5sJjKhIJPsvFrHP3dH4RuyNWf-5CJP8qEgmkdHeegcGenBEKbCTGR4XhoCoSCRFgq4PjoODYEcRacsQ52KMN&q&bih=720&biw=979&ved=0ahUKEwjIj6GN-_fOAhUEKpQKHfUSDigQ9C8ICQ&dpr=1

「ASTRO BOY」なのです。

これは、もしかして近未来の
ロボットと人間の関係
する社会を先取りしていた
物語かもしれないのだ。

TV・アニメの主題歌での歌詞の
内容を振り返って見てよう!

「空を超えて LaLaLa
 星の彼方
 行くぞ、 Atom
 ジェット推進の限り進め。
 心、優しい、LaLaLa
 科学の申し子。
 100kHPだMighty Atom」

20世紀に作られたアニメなので
アトム自身の推進力は
ジェット推進力だった。

手塚治虫さんのSF漫画作品
を原作としたテレビアニメ、
特撮テレビ番組の作品だった。

概要は
21世紀の未来を舞台に、
原子力(後に核融合)を
エネルギー源として動き、
人と同等の感情を持った
少年ロボット、アトムが
活躍する物語。

ということで、科学技術のことは
追求したくは無いが

なぜ、原子力エネルギーで
ジェット推進力に変換して
空とんでるのかな?
そうなると、アトムの心臓部
にあるエネルギー源では
小さな核燃料棒が埋め込まれて
いるのかもしれない。
核エネルギー⇒熱⇒仕事⇒運動
に変換しているのかも?

それにしても
アトムが空をとぶときに足から
炎が出ているが
ロケットみたいだ。

エネルギーの変換というのは
とても複雑な感じだ!
http://wwr6.ucom.ne.jp/m-murai2/HP202.pdf

こんな式を子供に見せても
エネルギーには
興味は沸かないわけだな!

微分と積分を組み合わせて
わざと難しく運動エネルギー
について書いてあるが
要するに
ある地点から、ある地点までの
変化した速度と動いた質量の状態を顕したに過ぎない。
https://www.google.co.jp/imgres?imgurl=https://wikimedia.org/api/rest_v1/media/math/render/svg/5da28a2036a7a0e6c2d2d29f0d4bf892c6bee52f&imgrefurl=https://ja.wikipedia.org/wiki/%25E9%2581%258B%25E5%258B%2595%25E3%2582%25A8%25E3%2583%258D%25E3%2583%25AB%25E3%2582%25AE%25E3%2583%25BC&h=271&w=296&tbnid=-oyRIXOvggGbAM:&tbnh=160&tbnw=174&docid=W4xtlGmggQjfsM&usg=__0TQqGn2Z-S4xoszMCKzOj2QkQJo=&sa=X&ved=0ahUKEwidqaSJgvjOAhWSq5QKHVxJAVQQ9QEIIDAA#h=271&tbnh=160&tbnw=174&w=296
大げさに、専門的にdxやら∫(インテグラル)を
用いなくとも
簡単に人は直感でわかる。

それは、超簡単に考えれば
わかることだ。
こんな道理は、小学生にもわかる
そのように神様は、法則性を与えている。

数学や物理学を使おうとして
大人たちは説明しようとしている。

そんなのは、バカな大人にまかせておけ。

利口な子供は
ちゃんと理解できる力が備わっている。

ようするに
運動のエネルギーとやらは
「地球上でしか、通用しない」
お金儲けの理論のひとつって事。

何かを生み出す力が
エネルギーというふうに
置き換えるなら

創造主がお造りになった
全ての形あるもの
人間の目に見えるもの
見えないもの
すべて、エネルギーのかたまりである。

それを、何かの基準や区分で
分けて研究することで
それぞれの分野特性が
見えてくるだけであって
むずかしく、考える必要は無い!

そこに、数学やら物理学、化学は
式や数字や記号の羅列で
証明やら法則性やら、人間が勝手に
体系化しただけ。

それを神は天上から見て
大いに、笑って・笑って…
笑いが、止まらないだろう。

まるで、神がお造りになった
創造物を咎めるような

そして
後追いして、法則を手繰り寄せては
新たな法則を試みる
現代の科学が

神を凌駕したというのであろうか?

そして、
現代の物理学・数学・科学の成果が

全部、
「お金儲け」に
つながっていることも
神への冒涜である。

大富豪が悪魔教の信者としか
思えない所業である。

現代の物理学・数学などの集大成が
創造物との調和、共生
創造物の意義と人間の関係
そして、
見えない創造主と
科学との位置づけなど
考えると

何様のつもりなのか?

人間どもよ!

話をもどそう。

今のところ、固定観念で

化石燃料は
単位重量当たりの熱量が大きい
したがって、それを仕事に
変える内燃機関も
単位重量当たりの出力は大きい
だから、航空機は内燃機関が
今のところ、使われている。
そして、内燃機関に使われている
燃料は
化石燃料だ。

これって、どう見ても
嘘でしかない。

これを見てほしい


2017年の実用化に向け、
高いレベルまで技術開発が
進められているということだ。

こちらも見てほしい

技術の核は
http://i.gzn.jp/img/2014/06/14/phinergy-alcoa-electric-car/cap00112.jpg
電池の内部では薄いアルミの板が
負極の電極(Metal Anode)として
持ちいられており、これに電解液
(Electrolyte)となる水と、正極と
しての空気の層(Air Cathode)が
配置されるいう構造に
なっている。
通常の電池では正極にも金属を
用いる必要があるが、
今回はこれを空気に置き換える
技術が開発されたことで
大幅な軽量化が可能になり、
高い重量エネルギー密度を
実現して長い航続距離を得る
ことになった、というわけだ。

あなたは、こういった
技術力を今後も見かけるかも
しれないが
まだまだ、続くのであると思う。

この技術は自動車向けの用途に
限ったことではない。
先ほど言った航空機にも
応用は、もう可能な時代に
なってきている。

それを、阻む者たちがいる
とすれば
化石燃料を儲けとしている
エクソン・モービルなどの
戦争屋グループしかいない。

とにかく、いま
人類は、
1.戦争のない地球
2.経済格差を無くす
3.地球環境にやさしいエナジー

この3つのスローガンでの
動きが、世界各地で
出てきている。

なので

「今、マネーだけ、自分だけ」の
悪魔崇拝者に洗脳された
ゾンビ化した人間どもは
さまざまな方面での
神による、淘汰が同時に
開始されるのだ。

鉄腕アトムにも出てこなかった
空想の世界のような
「空気と水で走るクルマ」が
いよいよ実現するという瞬間が
近づいてきている。

そればかりではない

以下の実験は

・グラス・コップ1個
・キッチンホイール(アルミ泊)
・セロテープ
・モバイル電話機1個
・AAA乾電池フル受電済み6個
・COPPER(ペニー)銅貨2枚
・大COPPERコイン(銅)1枚

以上の総重量は
ざっと300gであろうか?



電磁波のエネルギーで
浮揚したことは
スゴイことだった。
https://www.youtube.com/watch?v=IkNrNFAU4So#t=06m33s

さて、どうであろう
意外と知られていない技術が
今後も、たくさんたくさん
出てくると思われる。

さて、さてアトムの話にもどろう

アトムはロボットだが
人間を愛するように
心優しいロボットであるように
プログラムされている。

しかし、いかに精巧なロボット
でも所詮、ロボットである。

究極のロボットが神から見たら
人間なのかも知れないが
そんなふうに見たら、アウト。

なぜだか、おわかりだろうか?

人間は人間なのだと思う。

人生、最短・最速と言っても
人工知能やその他の夢の様な
魔法のじゅうたんさながらに
地球の裏側まで
連れて行ってくれる
スーパーロボットがいたとしても

その技術を使って、時間短縮を
人間が求めるのは良いが

人間の心の充足を

ロボットや技術やツールに
求めては、人間の質が
下がってしまう。

今だけ、マネーだけ、自分だけ
の無味乾燥な人生だと思う。

道具である、マネーを使って
ゲームに勝った勝者のような
勝ち誇った、
自分を最高のように感じる
ゲーマーな男は
ゲームに負けた敗者を
ただ、笑ってみているがごとく
敗者が無一文になって
本当に生活ができなくなって

生きることすらできなくなって
死んでしまうことまで
考えての勝者の祝杯なのか?

それを分かっているのであれば
その男は

立派な「悪魔教信者だ!

ここで、私は宣言し、祈っておく。

そのようなことをして
多くの庶民を苦しめる輩は

キリストの名において

神の刑罰を受け

身の破滅に追いやられるであろう

アーメン。

そして
道具とは何であろうか?

神は人間に道具を作ることを

「お許しになった」

なぜならば
日々の糧を

今日に与えていただきやすくするための

結晶が形として現れるように、
天から知恵となって
授けられたと考える。

その道具で、

人を縛ってはならないのである。

本来は道具は人を助ける
ためにあるのであった。
人の生活の糧を奪うもので
あってはならないのだ。

あなたに、あなたの

あなたらしい、知恵が

授かりますように

アーメン。

では、今回はこの辺で
アトムとおやすみなさい。

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山