はじめまして、愛しています。

まいど、 \ソウジャ_イッカクです。/

今回は、いま注目のTV番組より・・・

「モーツアルトは35で死んだ
同じ年になったというのに
私は何も成し遂げていない

10年前に結婚したけど
子供は未だいない

いや、

つくらなかった

プロのピアニストとして
認められるまでは

夫にわがままを言って・・・

なのに今は

時間だけが指の間から
こぼれ落ちていくのに

どうしていいか全然わからない

はっきりしているのは
今の自分が、若い頃
思い描いていた未来とは

かけ離れていることだけ・・・」


という、2016年7月14日放送
第1話イントロからはじまったドラマ番組

毎週、木曜夜9時からテレビ朝日で放送されている
連続ドラマテレビ
「はじめまして、愛しています」です。
http://www.tv-asahi.co.jp/hajimemashite/story/0001/
女優の尾野真千子さんが

挫折続きのピアニストで妻役の
梅田美奈を、

俳優の江口洋介さんは、

自他ともに認める
お人好し不動産業で夫役の
梅田信次を演じていますが

物語は、この夫婦に突然
舞い込んだ・・・
親に虐待され、捨てられた
見ず知らずの5歳の
男の子「はじめ」との出会い。

それを縁に感じた梅田信次が
「特別養子縁組」制度を知って
自分たちの子どもにしようと
美奈を説得し、いつしか
美奈も「はじめ」の母親として
自覚しつつ・・・

この3人が“本当の家族”になろうと
奮闘する6カ月が描かれる
番組となっているようです。

ところで、
なぜ奮闘6カ月なのか?

実は、特別養子縁組とは
、日本で唯一、血の繋がらない
他人の子供が“本当の子供”として
認められる実在の戸籍制度です。

そして、この番組の要とも言える

「対象となる子どもの年齢は
6歳まで。」
ということで、
「はじめ」くんは、5歳で

親になることを望む梅田夫婦
にとって、6カ月以上に及ぶ
試験期間が最初で最後の
チャンスであり
挑戦だったのです。

「本当の家族とは何か?」

や、家政婦のミタで知られる
遊川和彦が脚本を担当するなど
話題がつきないようです。

そして何より

劇中で夫婦のもとへやってきた
少年「はじめ」役を演じる

子役の横山歩(よこやま あゆむ)君

が虐待を受け続け、心を閉ざした
5歳男の子という設定で
展開していきますが

・孤独に耐えて
・実の母親から見捨てられ
・皆から阻害され、いじめられ

「はじめ」が「みじめ」に
見えてきて

涙をさそう場面も・・・

と、
今後の番組展開がますます楽しみです。

さて、子育ての苦労は

親になってみないと、分からない
というのは、本当ですね。

もう、私の子供たちは

二十歳以上になりましたが
あの頃を思うと
子供との向き合いで
心身ともに疲れるのと

それがあって、家族みんなが
成長できたような気がします。

初めて子供が出来て、子供が成長
するに従い、ある程度どんな家族
であっても、多少の摩擦が生じて
きますよね。

まあ、いろんな場面があると
思いますが

このTV番組での第5話では

本格的な子育てのスタートと
いうことで、「はじめ」くんに
どんな人間になって欲しいのか

子育ての目標を掲げ
生活が始まったようです。

目標

信次:おおらかなもの
笑顔を絶やさない人に
なってほしい

美奈:細かいものまで
挨拶から食べ物の好き嫌い
箸の持ち方など…

そして、その後の奮闘ですが

やはり、そうだったかと感じます

子供からみた、親からの命令
とも言える

「何何、しなさい!」の連発効果は、

概ね、以下の流れに沿って心が動いていきます。

①最初は猫を被って言うことを
きいています

②そのうち、「ウザ」くなって

③「イライラ」がつのり

④キレて、爆発します

⑤親に反抗が開始される

なぜでしょう?

そして、世間で言う子育ての大きな
ボタンの掛け違いは

上記での⑤の態度に、
親自身が猛反抗、している姿です。

それは具体的に、親からの

虐待・折檻・暴力、果てまた
殺人となって
子供を撃退してしまっている
ということです。

最近、ニュースでもこのような
血のつながりがある親でさえ
ひどいことをするものだと
感じ、世の中が何か

誤った方向(悪魔の社会)に
行ってしまっているような
感覚を覚えます。

元を辿って行くと
意外と虐待している
親が、小さい時に
その親の親に
同じような虐待を受けていた
というケースが多いそうです。

つまり、親になりきれない
精神的に未熟な子供が
子供を産んで、その子供に
対して、対等になって
喧嘩してるのと
全く、同じ姿ではないでしょうか。

情けないですね!

というか、私の一方的な
思いなのかもしれませが

これは戦後の
様々な「洗脳」によって
日本全体がおかしくなった
後遺症かもしれません。

その結果

核家族。

行き過ぎた、個人主義。

責任の取らない自由。

などが、現象化してきたのでは
ないかと思います。

とは言え、
社会的な問題ととらえる
一方で、

子供との対話が
出来ていない、取れていない場合も
多くあるのでは無いかとも
考えられます。

(はずかしながら、私もそのような
体験を持っています)

私は子育ての専門家では
ありませんが
TV番組を見て行く中でうなずくことが
あります。

それは、他人同士だからこそ
なおさら築きあげようとする

「建設的な親子関係」

がむしょうに、今の時代だから
こそ

乾いたこころの喉に
「爽やかな、1杯のお水」のようで

日本中が飲みたがっている
のでは、ないかと・・・

それは、何だと思われるでしょうか?

私も、この考え方で息子と接することで
彼の心が開かれ、私の意見も聞いてくれて
今では、良き相談相手の共感関係が
できています。

やはり、子供は子供なりに自我・自己を
持っており、
親の言う意味がわからない、
子供なりの価値観があります。

その価値観も聞かずに

対等にムキになって「衝突しあう喧嘩」
とするのか

対等な「話を聞いてくれる」共感関係
とするかで

親子間の絆が作られるか、壊れるか
にかかってきます。

あなたなら
もちろん

このTV番組のような
たとえ、他人同士でも、親子の絆
つくりたければ

建設的な家族内の「共感」を構築して

将来にもわたって、幸せを
感じて暮らせたらいいですよね。

では、また。

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山