アメリカの大統領選の結果動向は将来の日本を占うものとなる

まいど、
 \ソウジャ_イッカクです。/

あなたは、現在の
アメリカの時期大統領は
誰になるのか?

興味、ありますか?

なに!?
「そんなの全く、無いよ!」
とおっしゃる方は

このブログを今すぐ
読むのを止めて
画面を閉じて
くださって結構です。

さて、興味ある方だけ
以下をお読みくださいませ。

2016年アメリカ合衆国大統領選挙
これは
今年である、2016年11月8日に
選挙が予定されています。
詳しい選挙名は
「第45代アメリカ合衆国大統領
および第48代アメリカ合衆国
副大統領を選出するための選挙」
ということで

そして今、共和党、民主党とも
選挙戦が激しさを増して

今、アメリカと日本の多くの
マスコミが

「ヒラリークリントン優勢で
トランプは負ける」という
論調で報道しています。

しかし、そう言われていますが…

私が注目しているのは
「ドナルドトランプ氏」が
勝利した場合です。

これは、どのような「意味」と
なるか?

トランプ=勝利=?
ですよね。

簡単に言うと
これまでのアメリカ大統領は

凶弾に倒れた J・F・ケネディー
などを除けば
ほとんどが

裏で「戦争屋」が仕切っていた
ということがわかるのです。
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AF%E6%88%A6%E4%BA%89%E5%B1%8B%E3%81%AB%E4%BB%95%E5%88%87%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B

つまり
歴代の大統領のほとんどが
戦争ビジネスで稼いでいる
戦争屋と関係があった。
ということです。

なので、今回の選挙でも
戦争屋のエージェントである
ヒラリー・クリントンが
立候補してきたわけですね。
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E6%88%A6%E4%BA%89%E5%B1%8B%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E3%83%92%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3

では、ブッシュと違って、
戦争をしない(表向きはね)
オバマの続投ができないのか?

それは

残念ながら
バラク・オバマの立候補は
アメリカ合衆国憲法修正
第22条の規定によって
認められないとのこと。

このことは、戦争屋とって
戦争ビジネスを継続させるため
には必須の問題。
なので、年取ったが
エージェントである、クリントンを擁立している。

ここで、アメリカの
戦争屋がどれだけ悪事を重ねて
きたかを簡単に披露しますと
・・・
https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%82%92%E4%BB%95%E5%88%87%E3%82%8B%E6%88%A6%E4%BA%89%E5%B1%8B%E3%81%AE%E6%82%AA%E4%BA%8B%E3%81%AE%E6%95%B0%E3%80%85
また
オリバー・ストーンという
社会派映画監督がいます。

(ウィキペディアより一部引用)
_______________
彼は昔、ベトナム戦争の帰還兵で
あの有名な作品『プラトーン』は
彼自身のベトナム戦争での体験が
ベースになっていると言われ、
戦争という異常な状況下での
人間はいかに醜く残酷になるか、
そしていかに戦争が
非人道的なものであるかを
痛烈に訴えている。
_______________

アメリカ戦争屋が、世界的に
一番、殺戮を行なったのが
日本に対する、原爆です。

これは、よくアメリカ戦争屋の
屁理屈、論法としか思えませんが

「原爆によって戦争を終わらせ、日米両国の多数の人命を救った」
だから、今の平和な日本に
なったんだ!

と多くの人が信じていたんですが

オリバー監督は________
『原爆投下は正しかった』という
のはアメリカが創作した神話
であり、トルーマンという
『凡人』によって引き起こされた
悲劇だ」_____と断言した。
のでした。
http://www.huffingtonpost.jp/2013/08/05/oliver_stone_n_3709760.html
これまでの世界的な戦争の多くが
このアメリカ戦争屋も含めた
多くの戦争屋が仕組んだ
ものだったという図式にも
なるとおもいます。

結局、アメリカで起きた
同時多発テロとされた
9.11についても
報道関係による虚偽・捏造の
報道が展開されて

今となっては、
その後の紛争・戦争として・・・

イラクもアフガンも
エジプトも
そして、リビアや
イランも
シリアなんかも

全部、エージェントによる
偽旗工作などによって
戦争を仕掛けておいて
多くの人命を犠牲にして
裏で、大金を稼いでいる
わけです。

9.11後のアメリカ軍による
「イラクの攻撃」こそが
ISIL(イスラム国)を作り出した
元凶、であることは世界じゅうに
リークされて
知られるようになってきました。

たとえば、イスラム国の指導者
バグダディが本名が
サイモンエリオットで
モサドの工作員であることが
しっかりばれてしまいましたし、
シオニストユダヤで
ロスチャイルドの傀儡でもある
ジョン・マケイン上院議員と
仲良く写真に収まっています。
https://www.youtube.com/watch?v=VMrkwRKOgBI

このように
世界的な「戦争屋」は現実に
昔から存在し、

アメリカ国家や
NATO組織、報道関係、
また、日本や韓国などの
アメリカ国家との友好関係に
あるとされる国にも
エージェントを配備したり
送り込んでは、戦争屋が儲かり
支配できるように政権を操作して
きました。

日本は特に
江戸幕府が倒れ、明治維新に
なってから、その基盤が
形作られたと考えます。

明治維新というイメージは

「幕末の志士が、倒幕側と
幕府側の敵味方に分かれて戦い、
結果して今の日本の礎を作った」

という壮大ドラマに仕立てられて
いるようですが

よーく調べていくと
・フリーメーソン
・アメリカ南北戦争で使われた
 中古武器を買わされた。
・徳川幕府より戦争屋たちは
 戦略的かつ狡猾に日本の富を
 奪取した
など、見えてきます。
http://thinker-japan.com/thinkwar.html
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-1448.html

ということで
このような戦争屋が世界を仕切る
構造が見えてきているのが
インターネット社会の恩恵と
いえそうです。

そして、このような構造が
多くの良識あるアメリカ市民に
浸透して、最近は、報道が流す
内容は、ほとんどが「嘘・騙し」
であると、見抜き

実態として
ヒラリー・クリントンは
戦争屋のエージェントであり
人気は全くありません。

逆に戦争屋の支配にある
アメリカや日本の報道各社は
「大ネガティブキャンペーン」に
よって、トランプ叩きに余念が
ありません。

これは、もちろん
戦争屋の息のかかった政権を
失うことになりかねないために
必死になっています。

ところで、
『マイケル・ムーアの
世界侵略のススメ』の映画監督で
有名なマイケルムーアが

トランプ大統領シナリオ、
について語りだしたということで
ネット上でも
大いに話題になっています。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/07/22/michael-moore-thinks-trump-will-win_n_11128446.html
もう、戦争屋の
化けの皮が、剥がれしすぎです。

話は飛びますが、いまの世の中

力の強いものに付き従ってきた
「ゴマすり」、「ヒラメ高官」
戦争屋の「演技集団」と「俳優」
たちの時代は、ココに来て
幕を下ろす時が近づいてきて
いるように感じます。

そういえば、世界的戦争屋の
領土を形成するはずであった
EUは、イギリスのEU離脱で
多くの人が唖然としましたが

その時まで、マスコミによって
流されていた内容が

「離脱はありえない、
 残留派が勝つ」という予測。

でしたね。

これと同じ構図に
今のアメリカは
なっていませんでしょうか?

「悪の帝王である、非常識な
 トランプが大統領に
 成れるはずがない。
 ヒラリーが大統領になるのが
 良識的な考えではないか
 ヒラリーが勝つのでは…」

みたいな、イメージ操作予想。

というプロパガンダです。

闇の汚い部分は
「綺麗で、華やかなもので」
覆い隠すことで
一般人には知られることは
ありませんでした。

今後はますます、アメリカを
仕切る闇の
戦争屋のメンバーやら
その中核がどこのどいつ
なのかなど、公に証拠付きで
明らかにされようと
しつつあると考えられます。

ある筋によれば

実質の世界皇帝が
「ディヴィッド・
ロックフェラー」と
その重鎮である
「キッシンジャー」が
中核な存在だと言っている
情報もあるようです。

さて、トランプが実質的に
なぜ人気なのか?
コチラに、そのへんが書いて
有りそうです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kinakoworks/14321101.html
これまでのアメリカは
他国に難癖をつけては
土足で入ってきて戦争を仕掛け
侵略して暴利を貪り支配する。
という、やり口は
正統派アメリカ人にとっては
「騙されて戦争にいった」と
思ったに違いありません。
多くのアメリカ人がこのことに
気づいてきたのです。

こういった、アメリカが国外に
出て行って、他国の政府を転覆
させたり、大量の殺戮をする
などよりは、
アメリカ国内問題優先主義の方
を支持する層が多くなっている
ということです。

まさに、トランプは
その人達の思いが支持となって
現実化しつつあるのと思います。

と、いうことは・・・

トランプが大統領になった
途端に、これまでの
日米で、甘い汁を吸っていた
ものどもは、「一掃」される
可能性が大きくなる。

ということでしょう。

とにかく、早く、日本人が
この虚構に気づき、
偽装された国家・社会を
真剣に見つめなおし

過去の歴史を正確にとらえた
上で、これからの日本を
「砂上の楼閣」ではなく
盤石な基礎の上に
一人ひとりが意識して生きる
時代を築いていく責任があると
感じます。

なぜならば、現在
国民が騙されきって、奪取された
富で、戦争屋の戦争資金に
なって罪もない多くの人々の命を
奪っているからです。

では、また。

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
あなたの個性にあわせた婚活

エクセレンス青山